おまかせ工房 出雲三社 金具扉 中型サイズ 尾州桧の祭り例

尾州桧で作る神棚 高さ低めの屋根違い三社 出雲神殿

中型サイズで極小神具セットを組み合わせてみたときの参考例

出雲三社中型サイズであれば極小セットではなくワンサイズ大きな神具の組み合わせでもいいかと思いますが、棚板の空間を広く使いたい場合にはあえて神具を小さなものにすることがあります。
お供え物重視という場合もあるし、神具をより多く祭っておきたいこともある。
棚板などの場合には後から広くするところができないことがほとんどなので、最初は小さく、広くとれるように神具を選び、後から特定のものだけ大きなものに取り替えるのもいいかと思います。

おそらく、取り替えたく神具は神鏡が多いかと推測をしていますが、神鏡は置き場所次第で大きくしていくことが目立つものなので、2寸サイズでもいいでしょうし、最前列や階段前など台の上に置く場合には2.5寸サイズでドンと置いてもいいかと思います。

【神具】出雲神殿三社 尾州桧製 金具扉 中型 神棚
—詳しい紹介—
外寸 高さ39cm 幅65cm 奥22cm
内寸 高さ32cm 幅39cm 奥4cm
末社 高さ27cm 奥4cm
備考
内寸とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜
現在の住宅事情に合わせた高さの低いお宮です。

今回使った国産神具は【上彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット
上彫神鏡1.5寸 高さ約9.2cm
真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
かがり火高さ約6cm
セトモノセットB豆
豆八足台6寸

おまかせ工房 出雲三社 金具扉 中型サイズ 尾州桧の祭り例
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 出雲三社 金具扉 中型サイズ 尾州桧の祭り例

出雲神殿は一般的な屋根違い三社より高さを低めに設計してあります。
そのため高さのある神具、今回の場合では真榊と榊立てが該当するかと思いますが、この2種類については今回のサイズが使いやすいはずです。
真榊サイズをもうワンサイズ大きくすると屋根に取り付けてある鰹木あたりまでくるので、それだと若干大きすぎるのではないでしょうか。

どの程度の大きさの棚板を用意するのかで配置は大きく変わります。
これは最小限度の棚板幅を使ったときの参考例として考えてもらえるといいかと思います。
幅2尺5寸(75cm程度)の棚板であれば出雲三社中型、大型は綺麗に祭れるはず。

おまかせ工房 出雲三社 金具扉 中型サイズ 尾州桧の祭り例

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)