おまかせ工房 特上御霊舎 尾州桧 大型サイズの祭り例

大型サイズの御霊舎に神具を並べたときのイメージ

神鏡3寸サイズも同時に掲載してあります

尾州桧で作る特上御霊舎シリーズから大型サイズを使った祭り例のご紹介です。
真榊の大きさはこのぐらいが適当だと思います、神鏡についてはもうワンサイズ大きくてもバランスとして崩れませんので、これは下に神鏡3寸を乗せたときの参考例をみてください。

御霊舎を置く場合、どのような形で祭っておくかで神具をどの程度配置できるか決まります。
また、これは御霊舎で祖霊舎のような祭壇形式ではありませんので、事のあるときだけ神具をその都度置くこともあります。
形だけあればいいという場合には、さらに小さな極小神具セットを使うことも考えられますので、参考例としてこの大型サイズの場合には神鏡2寸ベースの神具一式セットを使ってみました。

特上御霊舎シリーズには3サイズあります。
小型サイズ 外寸高さ35cm 幅32cm 奥行25cm 内寸高さ29cm 幅19cm 奥行15cm
中型サイズ 外寸高さ41cm 幅41cm 奥行25cm 内寸高さ35cm 幅27cm 奥行15cm
大型サイズ 外寸高さ44cm 幅46cm 奥行27cm 内寸高さ36cm 幅33cm 奥行15cm
※内寸とは扉を外したときの内部の空間寸法のことです。
※極上御霊舎シリーズは特上シリーズに巾木(幕板)が付いたものです。

今回使った国産神具は【竜彫神鏡2寸と神具一式セット
竜彫神鏡2寸 高さ約12.3cm
真榊 丸台 豆:木製木軸台仕様 高さ32cm
かがり火高さ約7.5cm
セトモノセット(小)
豆八足台7寸

おまかせ工房 特上御霊舎 尾州桧 大型サイズの祭り例

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 特上御霊舎 尾州桧 大型サイズの祭り例
画像に写っている海老錠は必需品です。
この海老錠は開閉にコツがあるので、何度か練習をしておかないといざというときに開けられないことが稀におこりますので、もし、神職が自宅にきて行う祭事の際には事前に開けておくことを薦めます。
カギは紛失しても困りますので海老錠に挿しておいてもいいでしょう。
また、開閉がどうしても上手にできない場合には扉に出ている出っ張り部分に引っ掛けておいてもいいと思います、画像では小穴に挿していますがこの上に乗せておくような感覚です。

おまかせ工房 特上御霊舎 尾州桧 大型サイズの祭り例
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

神鏡3寸を台の上に置いてみましたが台の下であれば神鏡4寸相当でもいいと思います。
あとはその神具を選んで祭るのかで神具の大きさを選んでみてください。
おまかせ工房 特上御霊舎 尾州桧 大型サイズの祭り例

広告