おまかせ工房 扉御簾の取り付け方 How to

神棚の扉の裏側に御簾を取り付けたい人必見

手順は簡単 コツいらずで作業ができます

おまかせ工房では扉御簾という神棚の扉の裏側にスダレを付けたいときに使う御簾を販売しています。
この御簾は至って簡単に取り付けることができますので、扉御簾だけを購入していくお客様もかなりいます。
説明はいらないほど簡単なのですが、マニュアル、取扱説明書などに慣れてしまうと一文ないと心配になってしまう人もいるようなので、このような解説を書いておきます。

一社、二社、三社、五社、七社などに取り付けるものなので、一社を参考例にしておけば後はその繰り返しです。

おまかせ工房 扉御簾の取り付け方

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 扉御簾の取り付け方

子釘はこちらで用意しておきますので、それを使ってもらえばいいと思います。
接着剤で付けたり両面テープを使ったりしないでいいと思います。

おまかせ工房 扉御簾の取り付け方

真下まで御簾がこないと気になるのであればサイズオーダーで作りますが、普通はそこの部分は気にしません。
画像程度の隙間があってもいいんです。

おまかせ工房 扉御簾の取り付け方

実際、下から見上げても全くわかりませんので、気にしないでください。
お座敷すだれでも神前御簾でも下が空いてもいいんです、まして扉御簾でそこまで細かいことは考える必要はありません。

おまかせ工房 扉御簾の取り付け方

一番大事な部分は神棚の内部の寸法です。
この寸法より幅広の扉御簾は使えません。
三社などになると間仕切りのないタイプもありますので、その場合には全く関係ありませんが、間仕切り付きで扉御簾の厚みの余裕を取れないタイプであれば、この内寸幅が限界ということになります。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

普段、神棚の扉を開けている人も閉じている人も一枚掛けておくことがあります。
好みでしょうかね、神棚も明るくなりますよ。
3つのサイズは常時用意をしていますが、それ以外の場合には特注寸法でも作ることができます。
ただ、既成寸法よりサイズオーダーは少々割高になります。

おまかせ工房 扉御簾の取り付け方