おまかせ工房 長三宝を使った水・米・塩の置き方の事例

水物神具の水垢対策も兼ねた長三宝の使い方

長三宝と豆八足台は共に神棚、祭壇などではよく使われる神具になりますが、何をどのように使うのかという決まりはありませんので、今回のような水玉、平子、皿に限らず、様々な使い方をしています。
ただ、意外と意識をしていない点として「水垢」がある。
水物神具(水玉、平子、榊立て)などは底面に円形の水垢が付きやすいので、棚板の上に直に置くのではなく何か置台のようなものを使うことがとても多い。
神棚の場合には「豆八足台」が最も多く、次に「長三宝」がよく使われるかと思います。
やはり三宝、遠山三宝、折敷のような正方形ではなく、横長のほうが使いやすいということになります。

そしてもうひとつのテーマとして、神具を置いたときのバランスがあります。
特上長三宝一尺サイズを例にセトモノセットの豆、小、中、大のそれぞれを置き並べたときの参考例もつけておきます。

どのぐらいの神具を置くと空きが生まれるのか、、、なかなか試す機会がないかと思います。
同じ並べ方でも神具自体の大きさ次第でかなり変わってきますので、好みの話になりますが参考にしてみてはいかがでしょうか?

尚、今回使った特上長三宝は主に神道祭壇、祖霊舎などで使うタイプの木曽桧製になります。
神棚で使うときにはここまで良い製品は必要ないかもしれませんが、木目の細かさ、仕上げなど良いものが使いたいときには是非使ってみてください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

水物を入れる神具の場合には周囲に水滴が付きます。
特に中身と外気温に差があるときには周囲に水がつきやすく、自然と底面に円形の水垢が黒く残ってしまう。
高額な棚板を使っている、祖霊舎などの内部に黒ずみのようなものができるのは避けたいときには、豆八足台、長三宝を使うことを薦めています。

長三宝は画像でもわかるように周囲に縁がある。
収める部分は幅や奥行きの制限一杯使うことができませんので、豆八足台とは少し違うことはご理解いただけるはずです。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)