ゴザのサイズ変更をするときには必ず鋲を挿す

最後の仕上げに「上敷鋲 カーペット鋲」を挿し忘れないこと

い草上敷きを使う時に折り曲げてしまうことが多々ありますので、それは危ないので折り曲げるぐらいなら切り落としてください
画像のように折り曲げて鋲を挿すのは厳禁・・・これは引っかかりやすく、抜けやすく、抜けた鋲が足の裏に刺さると怪我の元です。

い草上敷きを切り落としてみたものの、バラバラになってしまうので「専用の補修用ヘリテープ」を使い、切り口部分に貼り付けて補修をしておくことを忘れないこと、そして、「上敷鋲」を必ず挿して完成です。
上敷鋲は必ず使うので手元に必要な本数がないときには用意をしておく、補修した部分には数本多めに挿しておいてもいいでしょう。

補修用ヘリテープは6種類用意しています。

全てが上敷きで使うヘリを加工して専用品として作ってあるので、貼ったときに縫い合わせたように感じる仕上がりになります。(へりの両端は折り済みのため)
また、一直線に貼っていくものなのでヘリの中央も折り済みに仕上げてあります。(センター出しは不要です)

自宅で上敷きの寸法直し、サイズ変更ができるので、量販店やホームセンターで購入してきた商品でも部屋の大きさ広さに合わせて敷くことができる。
やはり、和室では周囲にヘリがあったほうが断然綺麗な見栄えになります。
それと同時に、タンスなど家具が動かせないことも考えられるので、家具の手前でゴザを切りたいときにも補修用ヘリテープは役立つかと思います。

ともかく、画像のような敷き込み方は大間違いなので、今すぐに直した方がいいかと思います、作業は至って簡単ですので、あとは「やる気」だけ。

ござを折り曲げはやめておく


カーペット鋲が手元にないときには、当店でも販売をしています。
国産の鋲です、一種類だけですがこの色が最も意識をしない色のようなので一色だけになります。
「透明の鋲」は見えないと勘違いをしている人もいるようですが、反射でピカピカ目立ってしまう、特に和室にピカピカは合いませんので避けたほうが賢明かと思います。
それとは別に「ヘリと同系色の色」も目立ってしまう、しかも色の選択が難しい。
もうどんな色の鋲を使ってもヘリと同じ色にはなりませんので、目立たない、意識をしなくなる色・・・それがコレです。
買ってくるのも面倒だな、というときには補修用ヘリテープと一緒に購入しておいてください、20本単位で販売中です。

この上敷鋲は標準的な畳で使えます、薄畳を使っている住宅の場合は使えません。

どのように補修用ヘリテープを使うのか?
まずはYoutube動画を作ってあるのでそれを見てから作業をしてみるといいでしょう。

い草上敷きは織物ですので縦側と横側ではその向きが異なります。
そして普通の上敷きでは「斜め切り」はできません、上敷きを斜め方向に切るのはやめてください。
もし、どうしても斜め切りをする場合には特殊な上敷きでもある「自由に切れる上敷き」というものがありますので、この「自由切れる上敷き」以外で斜め切りをしないでください。