おまかせ工房 ござのサイズ変更 補修用ヘリテープ

い草上敷きの余分な部分を切って形を合わせられる専用ヘリテープ

い草上敷きをホームセンターで買ってきて、いざ敷こうとしたらサイズが大きすぎたらどうしたらいいのか? ・・・これは突如と起こることだと思いますので焦ってしまいますよね。
結論から言えば、「専用の補修用ヘリテープを使う」。
これで解決をしますが、そのヘリテープにもいろいろあって、手元に用意をしてみたのはいいが、使ってみたら全然印象が違う、単なるテープだったということが頻繁に起こります。
それは粗悪品のヘリテープなので、商品にはいろいろあるということを知る機会になっただけかもしれません。

専用品の補修用ヘリテープを探しているのであれば、おまかせ工房の商品を使ってみてはいかがでしょうか。

ゴザのヘリの両端は折り済み、センター出しの必要はないように中央折り済み。

目的以外のことには使えませんが、目的を達成するためだけに加工済みで仕上げてある補修用ヘリテープは、Youtube動画のようなことができますので、是非、動画を見て使い方などを確認してみてください。
短い動画でまとめてありますので、サクッと見ていただけると思います。

実際のところ、折り曲げてしまう、人たちも多いようですが、実はこの折り曲げ敷きは大変良くない方法なんです。
自然に上敷鋲が抜けてしまうこともある、足を引っかけて抜けてしまうこともある、家具の下に潜り込ませると家具が前のめりになりやすい、、、など、想像がつきそうな危険な状態が起こります。
それ以前に、家具の手前で切り落としておいたほうが見た目も綺麗なので、「ござの余分な部分は切れる」ということを知っておくだけで、ホームセンターで買ってきたゴザを難なく綺麗に敷き込むことができます。

別の方法としては、サイズオーダーで製作をするということもできます。
ただ、サイズオーダーで作る場合には、部屋の寸法を事前に測る必要があるので手軽さという点では、既製品を購入してみて敷くだけという方法のほうが勝っているのは確かかもしれません。
手軽さの余り、しなければならないことを忘れがちですが、「サイズの合わない上敷きはサイズを合わせてから敷く」、ということも忘れないでください。

おまかせ工房 ござのサイズ変更 補修用ヘリテープ

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

画像のように折り曲げて敷いているところを切り落とせますが、必ず補修用ヘリテープを用意してからにしないといけません。
一度、い草がバラバラになってしまうと修復は不可能だからです、い草上敷きは織物なんです。
たとえ小さな柱が部屋の角にあったとしても、その部分は切り落としてヘリをつけておく。

ではどのような場所を切るのか?
動画のほうで事例を紹介してあります、あぁ~こういうことができるのかぁ~、と思うかもしれませんし、自分がしたかった場所が出てくるかもしれません。

タンス家具の話になりますが、このイメージ画像がわかりやすいかと思います。
今までタンス家具を動かして下にゴザを敷いていたという家庭もあるはずですが、実はタンス家具の手前にヘリがあったほうが綺麗な見え方をします。
それと動かす面倒さがないという利点もあるかと思いますが、昨今は高齢者世帯も増えましたので動かすこともままらない、そのため畳の上にゴザを敷きたくてもできない家庭もあるはずですが、専用の補修用ヘリテープの存在を知れば使いたくなるはずです。

ゴザは切れないと思っているなら、、、それは大間違いですが、何も用意をしないで切ったのではさらに大間違いというだけの話ですね。

家庭で上敷きの縁縫いは不可能です。
本来ならば縫い合わせて作るものなのですが・・・それはサイズオーダーで作ったときであれば縫い合わせた縁で希望のサイズで作ったときので、後から形状変更、サイズ変更するときには専用の補修用ヘリテープしかありません。
おまかせ工房の補修用ヘリテープは常時使っている上敷きの縁を再加工して、使いやすくしたものです。
目的はひとつ・・・そのために「両端折り済み」「中央折り済み」・・・さらに20メートルでも一本巻で届けていますので、到着後には即作業に取りかかれて、一辺をつなぎ目のない綺麗な縁で修繕することができます。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)