おまかせ工房 水米塩 ひのき置台 固定台 参考例

神棚のお供え 水、米、塩の交換が劇的に楽になる檜製の固定台

サイズが豆八足台と同じなのでそのまま上に乗せられます

お供え物の代表格である「水と米と塩」の交換をはじめの頃は熱心にしていても次第にしなくなることは珍しい話ではありません。
なぜそのようなことになるのか? 面倒だからです。
それと年齢的な身体の事情も絡んできますので、何度も踏み台に乗りお水を交換、次にお皿を交換などいうのも次第に避けたい行為になります、また、腕が上がりづらくなってきて・・・とまぁ、しょうがない、しかたがないことですがそういうことです。

おまかせ工房では船の中で神棚を祭りたいときに固定台を別途製作することがあります。
この固定台は「揺れ」が生じる場所で神具が転ばないようにしておくものですが、水玉や皿の位置が一発で決まり、ズレ落ちることがなく、3つを乗せたまま持ち運べる利点があります。
船舶仕様はオーダーメイドになりますが、この神棚向け固定台であれば規格寸法で作れ、さらに豆八足台の上にも乗せられるので併用されてもいいでしょう。

この水米塩固定台の対応サイズとして、
豆サイズ(6寸)・・・豆八足台6寸、セトモノセット豆
小サイズ(7寸)・・・豆八足台7寸、セトモノセット豆、セトモノセット小
中サイズ(8寸)・・・豆八足台8寸、セトモノセット豆、セトモノセット小、セトモノセット中
大サイズ(9寸)・・・豆八足台9寸、セトモノセット中、セトモノセット大
になります。

あくまでもこれらセトモノセットの寸法は当店の寸法になりますが、さらに細かい神具ごとの寸法は商品ページで確認をしてください。

おまかせ工房 水米塩 ひのき置台 固定台
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 水米塩 ひのき置台 固定台
水玉1個、皿2枚を固定台の上の乗せて持ち運べる状態、つまり、穴から神具が落ちない状態で使われるのがベストなのではないでしょうか。
平子、榊立てなども穴の中には入りますが、この固定台は水玉と皿を対象としたものになります。

水玉と皿の配置については2パターンあります、水玉を中央にする人、左に寄せる人に分かれますが、この置台はその両パターンに対応しています。

おまかせ工房 水米塩 ひのき置台 固定台
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

水 米 塩の順序

広告