おまかせ工房 明治三社 唐戸 尾州桧 中型サイズの祭り例

全て一番小さな神具で構成したセットの組み合わせ

高さ寸法に合わせた神具を選んでベストサイズに仕上げました

サイズ的には中型サイズになる明治三社中型ですが、高さ寸法が低めの設計している関係で神具セットは「極小」をチョイスしてみました。
フルセットに近い神具の構成でここまで必要がないような場合には、神具の点数も減るかと思いますが、そのようなときには個別に大きくしてみるのもいいでしょう。

全体のバランス重視で上彫神鏡1.5寸を軸にして神具一式極小セットを組み合わせてあります。

豆八足台に乗せる神具は「水、米、塩」が多いかと思いますが、この並び順については教科書通りである必要はありませんので、最初は水・米・塩の順でも次第に米・水・塩のように水玉が中央にくることが多々あります。
なんとなくバランスとして中央に水玉があったほうがいい感じになるということもあるので、そこの辺は臨機応変でよろしいのではないでしょうか。

唐戸の神棚で尾州桧製なので扉の美しさが引き出されている神棚です。

【神具】明治神殿三社 唐戸 尾州桧 中型 神棚
—詳しい紹介—
外寸 高さ33cm 幅65cm 奥22cm
内寸 高さ28cm 幅39cm 奥4cm
備考
内寸とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
扉は「唐戸」です。
材料:尾州檜
現在の住宅事情に合わせた高さの低いお宮です。

今回使った国産神具は【上彫神鏡1.5寸と神具一式極小セット
上彫神鏡1.5寸 高さ約9.2cm
真榊 丸台 小豆:木製木軸台仕様 高さ24cm
かがり火高さ約6cm
セトモノセットB(豆)
豆八足台6寸

おまかせ工房 明治三社 唐戸 尾州桧 中型サイズの祭り例
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 明治三社 唐戸 尾州桧 中型サイズの祭り例
神具一式極小セットですが、神鏡だけ2寸サイズにしたような場合にはそうしてください。
真榊の高さは屋根より高くなるとおかしいので、このぐらいの高さでいいかと思いますし、真榊については最も小さな「小豆」サイズが一番使われる傾向がある関係で、さほど大きなものは神棚は必要がないのかもしれない。
かがり火は実際にローソクに灯明も可能ですが、消し忘れが怖いので飾り程度でローソクを挿して置いておくだけにしておくのもいいかと思います。

神鏡のポジションは中央の扉前だけではありませんが、今回は参考例ということで本社前一個という定番の位置にしてあります。
神札の入れてある扉には神鏡を置くという人たちもいます、また、神鏡ではなく御幣にしてある場合、祓串の場合、金幣芯の場合などいろいろ。
階段前もあれば、最前列の場合もある、この板上(地面)に置くようなときには大きなものを置くと見栄えがとても良いのでワンサイズ、ツーサイズ大きくしてもいいかもしれません。

おまかせ工房 明治三社 唐戸 尾州桧 中型サイズの祭り例
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)