おまかせ工房 破魔矢を置く部分の幅について

破魔矢、守護矢、龍神破魔矢などを飾るときの長さの部分

神前破魔矢の置き台については過去に何度か説明をしていますので、今回は「置く部分の掛け幅」についての説明になります。
龍神破魔矢など置きたい、掛けたい、立てかけたいときには参考になるかと思いますので、上向き、横向き、壁掛けなど嗜好性を高めた楽しみ方ができるかと思います。

神前破魔矢置き・・・掛け幅 約14.5cm
神前破魔矢掛け・・・掛け幅 約14.5cm
神前破魔矢立て・・・掛け幅 約19cm

何を置きたいものなのか次第ですが、一応、これらは破魔矢を置くための置き台として作っていますので、長短いろいろある破魔矢に対応するために、ベストなサイズ、さらに神前にふさわしい桧製で作ってあります。
やはり破魔矢の機能美を引き出すには、プラスティック製では物足りませんし、つまらない。

おまかせ工房 破魔矢置き 龍神破魔矢

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 破魔矢掛け 龍神破魔矢

破魔矢置き、破魔矢掛けに至っては長さ100cmの破魔矢でも飾れます。
ただ、破魔矢掛けの場合には絵馬が付いていると重量バランスの面で片方が重くなるので、場合によっては絵馬を外して置くほうがより中心に近い位置で飾れる場合もあります。
絵馬は外してもいいものなので、そのときには絵馬掛けなどを使って吊り下げるように置いてみるのも面白いかと思います。

破魔矢置きについては特にどんな長さでも問題ないかと思いますし、絵馬は地につく位置にくるかと思います。

破魔矢立てについては75cmぐらいまでの破魔矢ならいいかと思います。
基本、この破魔矢立てについては神棚の横に置くことを想定して作っていますので、棚板の高さも考慮して短めの破魔矢に対応させてあるということでしょうか。
50cmぐらいの破魔矢なら棚板の上に置いても、高さ制限で困ることもないでしょう。

特殊な破魔矢として龍神破魔矢があります。
上に向けた飾り方をした人たちが多いのも特徴的なところですが、横向きにしてみたい、壁に掛けておくように飾りたいという要望もあります。

おまかせ工房の破魔矢シリーズは統一感、一体感を出すために、同じ素材、同じようなデザインで作ってあるので、近くに他の置台があっても違和感ゼロ。
そのため、あっちの部屋では置いてみて、こちらのリビングでは掛けてみて・・・こんな使い分けをしても、全然違うものを並べるようなちぐはぐではなく、綺麗な統一美を崩さないように作ってあります。

おまかせ工房 破魔矢立て 龍神破魔矢