おまかせ工房 神前破魔矢立て 桧 【上品】

神棚の前に破魔矢を立て掛けるための神前破魔矢立て

破魔矢を美しく飾ろうプロジェクト

神前破魔矢立て 幅7cm奥行き14cm高さ19cm

神前のみならず、サイドボードの上などでも破魔矢を立て掛けられると見栄えは最高潮です。

おまかせ工房では神前に置くことを前提にした、破魔矢立てというもの作っています。

神棚の屋根を考慮して、収まり具合が良い形。

受け軸は矢羽根をイメージしています。

  •  長さ45cmぐらいの破魔矢を立て掛けることを想定している。
  • 神棚の前に置くとバランスが良い。
  • 長さ75cmぐらいの破魔矢でも立て掛けられるが、長い分、重心が重くなるので絵馬を外す必要があるかもしれない。
  • 矢先が付いている破魔矢でも、付いていない破魔矢でも問題なし。
  • 台には斜めに凹みを作っているので、そこへ矢を差し込む。
  • 受け軸は桧の削り出し一本軸。
  • 総桧製

神棚の設置場所として、棚板などの上が多いかと思いますが、棚板の高さから考えると、長い破魔矢(75cm)などは立て掛けないと思います。

45cmぐらいの破魔矢を綺麗に置きたいという方には破魔矢立ては美しく飾れるはず。

長い破魔矢を置く時、どうしても重心が上にきてしまうので、そのときには飾り(絵馬など)を外しておくほうが安定することもあります。

実際、破魔矢にもいろいろな種類があるので、やってみないとわからない点も多い。

もし、絵馬を外した方が安定するのであれば、外して手前に置いておくといいでしょう。

おまかせ工房では45cmの破魔矢、75cmの破魔矢でも乗せてみましたがどちらも問題なしでした。

破魔矢の先が平らなタイプの場合でも、画像のように矢先が付いているタイプでも、これも問題ありません。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

破魔矢立て
屋根のラインと破魔矢のラインが実にいい感じに収まります。
破魔矢立て
奥行き14cm 幅7cmのスペースは必要とします。
破魔矢立て

いかがですか?

このようにスマートに神前で破魔矢を飾ることができます。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 破魔矢

破魔矢置き、破魔矢立て、破魔矢掛け、破魔矢差し
破魔矢

広告