おまかせ工房 神道 八足台・八脚案の製作販売 【上品】

神道八足台 組立式八脚案

一段式、二段式、三段式と作れます

神道の世界ではお馴染みの神具のひとつ、八足台というものがあり、八足台、八脚、案などと呼ばれていますが、「案」というのは机のことです。
おまかせ工房では主に組立式で八足台を作ることが多く、強度、特に横からの強度に優れているのが特徴です。

神社の本殿内では組立式より固定式を使い、地鎮祭のような野外での祭典のときに組立式八足台を使うことが多いですね。
そして家庭でも使います。
家庭で使う場合には、神道祭壇前など祖霊舎の前に置いて使う場面は見かけた方も多いのではないでしょうか、また、神棚の設置台として利用される方も増えてきています。

神棚の設置台として用いる場合、よく高さ150cmで製作をしています。
この150cmの高さになるように脚の長い八足台を使うと、神棚を置いた時に200cm弱ぐらいになるのではないでしょうか。
近年、天井付近に神棚を設置していたものの、手が届かない、踏み台に乗るのが怖くなったということで、手を伸ばせばお供えや取り替えなどが容易にできる高さで神棚を祭りたいという要望が強くなっています。
また、逆に低い八足台にも需要がありますので、高さ30cm、40cmなど高さ寸法については指定をしてください。

組立式と固定式(はめ込み式)の違い

おまかせ工房ではどちらのタイプでも作っていますが、組立式の方がよく売れています。
八足台というものは形状からもわかるように、横からの力に対して弱い。
固定式というのは天板に脚をはめ込むように作りますが、要の部分です、作用点ということですが、横から力が加わると脆いという弱点があります。
神社などでは置いておくだけ、触ることもない、机として玉串を乗せるだけ、お屠蘇を置いておくだけのように、大人しく使う時には問題ありません。 動かすときにも手慣れた人達が触りますので、要領を得ているため破損をするようなことも滅多にありませんね。

組立式というのは、脚に横軸を加えます。
そのため強度が大幅に増す、これは固定式(はめ込み式)とは比較にならないと思います。
天板に脚をはめ込むタイプのもの(固定式)は、何度も抜き差しをしていると木が擦れてきますので、次第に緩くなる、最終的には交換をするわけですが、仕事で使う八足台であれば交換頻度もある程度早い、しかし、家庭では一度作れば、、、一生持つのではないでしょうか。
組立・分解をする予定のある場合には組立式の方がいいでしょう。

まぁ、その辺のことでわからないことがあれば、店長に聞いてみてください。

八足台は基本的に幅で表記をします。
そして、高さは決まっていません。
使う人の希望する高さで作ります。
例えば、一段式であれば高さ75cmにしてほしいとか、二段式であれば一段目を70cm、二段目を90cmとか、このように使う方のために高さを決めて作ります。
それだけ目的がいろいろあるということですね。

おまかせ工房では二種類の素材を用意しています。
1つは国産桧、もう1つは北米産桧(スプルース)。
価格が全然違いますが、見た目として北米産桧の方が国産桧に比べると若干白い。(この白さを綺麗と表現することもあります)
北米産桧のことをスプルースと言います。

家庭で使うのであれば北米産桧で十分だと思います。
しばらくすれば、桧が焼けてきて違いがわかりません。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

八足台 八脚案
画像は組立式です。
ここの部分が要の部分、ここに横から力が加わったとき固定式だと折れることがあります。
組立式で作ると強度が増します。

八足台 八脚案
こちらは固定式(はめ込み式)です。
抜き差しを繰り返していくうちに緩くなると書いたのは、ここの部分のことです。
裏側から差し込むように作ります。
固定式八足台の場合には、はめ込むということで必然的に天板に前後が決まります。
組立式八足台の場合には、乗せるように作るため天板に前後はありません。

八足台 八脚案

組立式八足台の場合には脚に横軸を加えます。
組立の際に道具などはいりません、表からは見えませんが手回しネジを取り付けてあります。

八足台 八脚案

商品ページにはさらに詳細な説明をしてあります。

製作期間として二週間は掛かります。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告