おまかせ工房 地鎮祭 鎮物(しずめもの) 本格派の方へ 【上品】

桐箱 金属 地鎮祭 鎮め物 【上品】

土の中へ埋めておきます 神式・仏式用

知らない人もいるようですが、さらに見たことも触ったこともない人も多いと思います。
住宅を建てたとき、地鎮祭の後に土の中に何を埋めることをしますが、それがこれです。

鎮物(しずめもの)と言います。

鎮め物を埋め忘れていた場合には、ご自身で後から埋めておきましょう。
地鎮祭のときに使うものです。

神職が埋めても僧侶が埋めても自分で埋めても建築関係者が埋めてもかまいません、あまり宗教じみていない昔から日本で行われてきた行為です。

鎮物(しずめもの)という言い方が広く知れ渡っていると思いますが、忌物(いみもの)とも言います。
地鎮祭が終わったら建築会社や工務店の方に入れてもらうことが多い。
裏にはその日の日付や名前を書いたりします。

土地の神様に対する貢物の意味です。
歴史はとてつもなく古くて古墳時代の出土品にも鎮物があるぐらいですが、なかなか見る機会もないと思います。

七種で一組。

鉄人像、鉄鏡、鉄長刀子、鉄小刀子、鉄矛、鉄盾、鉄玉になります。

奉鎮と書いてあるものの中に七種をいれてありますが、開封する必要はありません。
神式、仏式で使う本格的な鎮め物です。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

鎮物
蓋箱の内側に日付と名前を書くことがあります。
他に鎮め奉るという意味の「奉鎮」を箱のなかに入れておきます。
奉鎮の中身は七種が入っていますが、開封しないでそのまま納めておきます。
最後に大麻で縛ってそのまま埋めます。
いずれ長い年月をかけて朽ちていきますが、金属だけは残ります。

土地の神様への貢物です。
鎮め物
戸建ての場合、特に新築の場合には埋めたことを知っている場合が多いのですが、中古物件などの場合にははっきりしません。
そのときにはご自身で埋めてもいいものなので、気になるようであれば埋めておきましょう。
また、マンションなどの集合住宅の場合にはさらによくわからないので、これも敷地内の埋められそうなところに埋めておけばいいと思います。

下記の箱なし簡易版も販売しています。
おまかせ工房 鎮物 簡易版
おまかせ工房 鎮物 簡易版

土地信仰という話が出てきて、これは歴史が古いものです。
土地の神様という考え方、そして、自分のいる場所、足元ですね、その神様が悪さをしないようにするためのものです。

土地をいぢる、新しい土地に移り住んでからやたらと変なことが身の回りに起きるようなときには、土地の神様が暴れているという考え方があります。
特に建築関係者などの場合には、危険が伴う作業が多いので、地鎮祭の後には必ず埋める習慣が根強いのが特徴的です。
特に工事関係の場合には、小さな家から巨大ビルディング建設に至るまで、地鎮祭という祭事は欠かせません。

変なことが起きないように静かにしてくださいね・・・という気持ちを形に表した行為です。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告