おまかせ工房 神棚 ガラス箱宮神殿 注連縄付き 小サイズ 【上品】

欄間雲彫 注連縄 結界を付けた箱宮タイプの神棚

この神棚は壁掛けもできます。

注連縄付きの箱宮シリーズは大中小の3サイズ作っています。
「結界」と言いまして、境目のことなんですけれど、柵、注連縄、神前幕などは結界の一種です。
神棚でこれらを後から付ける方は多いと思います。
注連縄は年末になると市中で販売されると思いますので、交換する場合には年末が入手しやすいのではないでしょうか。
また、箱型の神棚に神前幕を張る場合には、無地であれば左右まで伸ばした状態でも張ることができます、紋入りの場合には前側のみということになります。
これは紋入りの神前幕を左右まで張ってしまうと紋の位置がずれてしまうため。

ガラス箱宮は左右にもガラスを組み込んでありますが、前面は4枚のガラスを後から入れるスタイルです、場合によっては前面ガラスを使わない方もいるようです。
毎日開け閉めするのが面倒になることも考えられますので、そのときには神前幕をしておくと少しは内部のホコリ対策になるのではないでしょうか。

欄間には雲を彫り込んだものを採用しています。
箱宮としてはこれ一種類のみの特別仕様で作っていますが、屋根違い三社中用ケースと同じ彫りにしてあります。

とても人気の高い立派な神棚です。

【神具】ガラス箱宮神殿(注連縄付き)(小)吊下式(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ39cm 幅48cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅29cm 奥4cm
末社

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。これは吊り下げるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

神棚 ガラス箱宮神殿(注連縄付き)(小)
左右の柵は専用部品として作っていますので、他の箱宮シリーズでは別売していません。
欄間は雲彫を施していますが、別途、木彫り雲「桧」を天井もしくは内部に貼っておく人が増えています。
注連縄は一年もすれば黄色くなると思いますので、年末に交換される方がほとんど。
神棚 ガラス箱宮神殿(注連縄付き)(小)
膳引きと言いまして引き出しを箱宮には取り付けてあります。
箱宮の場合には内部に神具などを祭ることにある場合が多いのですが、榊立てだけは外に置くことがあります、時には榊をやめて真榊をかわりに置く人もいます。
内部の高さに制約があるので、背丈が高くなってしまう榊は膳引きに置いてもいいかもしれません。
神棚 ガラス箱宮神殿(注連縄付き)(小)
壁掛けできるように裏側に吊り金具を取り付けてありますが、棚板の上に祭る方、箪笥などの上においておく方など祭り方は一樣ではありません。

この注連縄箱宮の神棚では3サイズ作っていますが、幅が違うだけです。
全体の高さ、奥行きは同じです。
コンパクトサイズの箱宮ならば「小」サイズがおすすめです。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告