おまかせ工房 巴紋を付けた箱型神棚 三社 小サイズ 【上品】

神棚 天星箱宮1型 小 壁掛けタイプ 【上品】

武家の家系の方に人気のある巴紋の箱宮

とかく三つ巴を紋所にしている家紋が昔から使われているようです。
葉っぱであったり槍であったりと様々ですが、神棚の世界では巴紋はよく使われています、神前幕などではお馴染みですね。

それと、巴には陰陽など深い意味も含まれているので、好まれる傾向が強い。

神棚に家紋は入れる必要はありませんので、その代表格の巴紋をあしらった神棚のご紹介です。

【神具】天星箱宮1型神殿(小)吊下式(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ37cm 幅49cm 奥25cm
内寸(本社) 高さ26cm 幅29cm 奥3cm
末社

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。これは吊り下げるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

神棚 天星箱宮1型(小)
巴紋の横には雲。
ガラス宮なので左右、正面はガラスになっています。
左右のガラスは取り外すことはできませんが、正面のガラスは後から入れるように作っています。
神棚 天星箱宮1型(小)
この巴紋の箱宮は2サイズ作っています。
今回は「小」サイズ。
「中」サイズと「小」サイズの違いは幅だけです、高さと奥行きは同じ。
神棚 天星箱宮1型(小)
壁掛けできますが、置いておくだけという方もいます。
引き出しを取り付けてあるので、お供えをしたいようなときには十分使えるはず。
それと、箱型の神棚の場合には榊立てを内部に入れておくと窮屈になりやすいので、引き出し側に置くこともあります。
神棚 天星箱宮1型(小)
箱宮は全体的にコンパクトな造りにしてあるので、棚板の上に置いて祭ることも多いようです。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告