おまかせ工房 神棚を入れるための神殿ケース 屋根違い三社中型に最適 【上品】

神棚のホコリ対策や箱宮のように祭るための入れ物

屋根違い三社(中)に最適な大きさ

いくつか神棚入れがある中で、おまかせ工房の屋根違い三社(中)のために作っている神殿ケースがあります。
中の空間は高さ51cm 幅67cm 奥33cmですので、その大きさならば通し屋根、大きな木札なども納めることができる。
この神棚ケースを使えば、神棚にホコリが被って困っていた方などは便利なのではないでしょうかね、そして兜飾りや雛人形なども入れておくことができます。

壁掛けできるように背面には吊り下げ金具を取り付けてあります。

また、棚板の上に置かれる場合もありまして、そのときには外寸高さ56cm 幅72cm 奥38cm必要になるので、寸法については確認をしておいてください。

一番大きく、そして一番豪華な造りをした神棚ケースになります。

【神具】屋根違い神殿三社(中用)ケース 吊り金具付き
—詳しい紹介—
外寸 高さ56cm 幅72cm 奥38cm
内寸(本社) 高さ51cm 幅67cm 奥33cm
末社

備考

内寸(本社)とは内側の空間を指します。

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

当店の屋根違い三社(中)に最適なサイズです。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

神棚 屋根違い三社(中)用神棚ケース
前側の欄間には雲を彫ってあります。
この彫りは注連縄付き箱宮神殿と同じものになります。
側面は格子です。
神棚 屋根違い三社(中)用神棚ケース
前面は4枚のガラスを後から入れられるように作ってあります。
ガラスを使わないで使う方もいるようです。
側面のガラスは外すことはできません。
支柱は丸みを帯びさせてあるので、優しい感じに仕上げてあります。 神棚 屋根違い三社(中)用神棚ケース
引き出し付きです。
置いておいても、また壁掛けにしても見栄え良くなっています。
十分なスペースを確保できています。 神棚 屋根違い三社(中)用神棚ケース
神棚をそのままドカンと納める大きさで作っています。
木札などの場合には立てかけて、前側にいろいろなお供えをする使い方もあります。
木彫り雲(天雲)を付ける場合には、このケースの内側に取り付けるといいかもしれません。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

 

広告