おまかせ工房 箱宮はここから生まれた ガラス箱宮本雅神殿三社 【上品】

箱型神棚の原点 本雅神殿三社

結界を付けた最上級の箱宮

おまかせ工房では箱型の神棚を何種類か作っていますが、出発点となる箱宮というものがあります。
物作りの方法のひとつに、最初にやりたいこと、したいことを作ってから、コストなどを考えて、代替品で済むもの、共通部品で対応できるものなどを考えて、しだいに低コストのものを作るという方法がありますが、これは無二の部品の集合体。

厚屋根、板張り仕様、御簾は正絹仕様、結界付き、欄間は細格子という具合に、他の神棚ではほとんど使わない独自の仕様です。

もともとここから箱宮を作り出した、いわば原点のような神棚ですが、安くはありません。
画像からもその良さがわかるかと思います。

細かい解説はいらないのではないでしょうか。

【神具】ガラス箱宮本雅神殿(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ46cm 幅61cm 奥31cm
内寸(本社) 高さ28cm 幅39cm 奥4cm
末社

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。

両サイドはガラス面 前面は引きガラス
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

神前房の色が二種類ありますのでご指定ください。(青色と赤色)
特に指定が無い場合には青色の房となります。

神前房とは御簾の前に垂れている二個の房(ボンボン)のことです。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

雅神殿
サイズは一種類のみ。
比較的大きな箱宮になります。
正絹を使う御簾はこの箱宮だけに使うため作る特別仕様。
雅神殿
正面から見ても、左右から見ても、下からみても、また上からみても、どこから見てもこれ以上の箱宮はないと思います。
壁にかけられるように吊り下げ金具は後ろに取り付けてあります。

結界(柵)を付けた神棚は「注連縄付き箱宮」とこの神棚だけ。
雅神殿
引き出しも付いています。
動画の方がわかりやすいかもしれません。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告