おまかせ工房 神棚 明治三社 唐戸 中サイズ 【上品】

定番神棚三社 明治三社 唐戸神殿

高さを低めにした通し屋根三社の神棚

おまかせ工房の神棚の中で定番三社シリーズのご紹介になります。
今回は高さを低めにした通し屋根三社の唐戸の神棚、意匠登録をしている神殿。

高さを低めにしているので横幅が長い雰囲気が出ます、横長タイプの神棚とも言えるかもしれませんね。
材質良しでございます。
高さを低めにすることにより、棚板の軸を少し短くし、より上に祭ることも可能となります。

マンションなどの場合、梁が出ていたりしてその分、神棚を祭る時に下に落ちてしまうこともあるわけです。
また、高さそのものに制約があるような場所では、低めの神棚を求められることもある。

低めにしても内寸をしっかり確保、そこが専門店の神棚の良いところ。

【神具】明治神殿三社(唐戸)(中)(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ33cm 幅65cm 奥22cm
内寸(本社) 高さ28cm 幅39cm 奥4cm
末社

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
扉は「唐戸」です。
材料:尾州檜
現在の住宅事情に合わせた高さの低いお宮です。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)
明治三社 唐戸 中
従来の神棚に比べると平べったく感じるかもしれません、横長にも感じるかもしれません。
そこがウケてます。
唐戸と金具の二種類の扉を作っていますが、今回は唐戸。
明治三社 唐戸 中
おまかせ工房の商品紹介としてたびたび使うことのある唐戸の神棚。
ド定番です。 明治三社 唐戸 中
全体的に出来の良い神棚。
ワンランク上の神棚を選びたい方々には定評がありますね。
今回は中型サイズを紹介していますが、大型サイズも作っています。
神具を選ぶ際には、「中」を選ぶといいでしょう。
明治三社 唐戸 中
かなり以前から製作している神棚です。
大きさや材質、作り方などは変えてありませんので、再度、購入されていく方の多い神棚です。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

 

広告