おまかせ工房 神棚 極上本神明屋根違い三社 最上級の神棚 【上品】

おまかせ工房の神棚の中では最高峰に位置する三社

道場などではよく使われる神棚です

いささか大きい神棚になるので、家庭で祭るには相当幅の広い棚板などがないと収まりとして見栄えをさらに増していくのが難しいかもしれませんが、主に、道場などで祭ることが多い最高峰の神棚のご紹介です。

棚板の幅として120cm以上は欲しいところ、できれば150cm以上。
つまり4尺幅以上の棚板で祭るとなると、一般家庭では大きい部類に入るので、広い場所などで神棚を祭るときには、それなりの神棚を選ぶ必要がでてくるわけです。

特に、空手、合気道、剣道、柔道、居合、弓道など様々な日本武道がありますが、それらの道場ではよく使ってもらっています。
このような武道場では神棚に参拝する習慣が強いのでなくてはならない。
まぁ、棚板も立派なものを使うので、それに合わせて神棚も立派なものを使っていきます。

この型では最も小さなサイズでこれです。

【神具】極上本神明屋根違い神殿三社(小)(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ59cm 幅80cm 奥35cm
内寸(本社) 高さ41cm 幅15cm 奥12cm
末社 高さ32cm 幅14cm 奥10cm
備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
金具は厚口真鍮鍍金仕上げ金具です。
材料:木曾檜

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)
神棚 極上本神明屋根違い三社
これで幅が80cmありますので、90cmの棚板では狭い。
もう1尺上げて最低でも120cmぐらいは必要ということになります。
多くの場合、幅5尺~6尺の棚板を用意してもらって祭っているようです。

おまかせ工房で作っている神棚の中では最高級の神棚で、これ以上の神棚シリーズはありません。
神棚 極上本神明屋根違い三社
道場などでは経費になるという考え方もありますが、そういう経理面の話だけではなくて、やはり大きな神棚を祭るという意味の方が強いのではないでしょうか。
数十畳の部屋に小さな神棚ではちょっと違うという考え方の方が多いように思います。

神棚 極上本神明屋根違い三社
棚板の選択もいろいろありますが、大工さんに頼んで作ってもらうことが多いようです。
確かに既成品の棚板を用意することもあるようですが、大きな棚板になってくると大工さんに作ってもらっても金額的に変わらない、いや、むしろそのぐらいの金額を出せるのであれば、棚板自体の素材を自分たちの好みで選びたいということになります。

幕板はあったほうがいいでしょう。
幕板がないと注連縄、神前幕などを掛けることができない。
注連縄や神前幕を掛けている道場は多く見受けられます。
神棚 極上本神明屋根違い三社
この神棚は普通の家庭で祭るには大きすぎると思いますが、それでも年に数件ですが個人の方でも購入していきます。
背丈というか高さもあります。
もう棚板は特注の棚板でないと間に合わないのではないでしょうか。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告