おまかせ工房 大黒様 恵比寿様などを祀る大黒宮 【上品】

七福神のうち特に大黒天・恵比寿を祀るときに使う神棚

商売繁盛・五穀豊穣・財福の神様

七福神を祀る方は思いの外多いですね、特に大黒様と恵比寿様は双璧で両方祀っている人や片方だけ祀っている方はよく見かけます。
神棚に七福神を祀るとき、神棚の中には入れずに別途お宮を用意して、神棚の横に置いて祭ることをします。
同じ神様ではありますが、天照大御神などとは趣が違うというのが大きな理由。

そこで大黒宮を使うわけですが、この大黒宮は神棚であるにもかかわらず納める空間が広いのが特徴的な神棚です。
大黒や恵比寿などは御札で祀るより物体として祀る方が多いので、その姿形をそのまま納められるように内部の空間を高さ23cm幅18cm奥行き8cmとってあります

神棚を手元に置いてから、その中に納まる大黒様・恵比寿様を選ぶ人達が多いですね。

七福神なので、恵比寿・大黒天・毘沙門天・弁才天・福禄寿・寿老人・布袋とあり、どれを納めても問題なし、ただ、やはり恵比寿と大黒は大人気。
達磨を入れる人もいましたね。

おまかせ工房の神棚はどれも上品です。

【神具】大黒宮神殿(神棚) 尾州桧 上品
—詳しい紹介—
外寸 高さ32cm 幅34cm 奥17cm
内寸(本社) 高さ23cm 幅18cm 奥8cm
末社

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

大黒宮
この形は昔からある定番なので、いろいろなところで作られていると思います。
おまかせ工房では一貫して同じ素材、同じ木部で作りますので、交換されても同じ綺麗な神棚を届けています。
大黒宮
大黒宮を単体で祭る方も増えてきています、たぶん、棚板の上に余裕がないと思うのですが、大黒宮は必ずしも頭上である必要はありません。
机の上のような高さ、サイドボードの上などの高さであっても問題なし。
玄関付近にそれらしき台があれば、その上でも結構。
時には床の間に直置きして祭っている方もいますので、好きなところで祭れると思います。

大黒宮

商品名として大黒宮となていますが、その使い方、祀るものは様々です。
御神木を入れる方、天然石を入れておく方などもいました。
とりわけ御神木を奉納しておく場合には、それだけでしっかり祀れるものを探していると思いますので、このような上品神具を選んでおくといいと思います。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告