おまかせ工房 定番の三社 出雲神殿屋根違い三社 低めの神棚 【上品】

おまかせ工房定番神棚 高さを低めに作った屋根違い三社

金具扉と唐戸扉があります。大中の2サイズ。

おまかせ工房には横幅に対して高さを低めにして作っている底床型の神棚があります。
屋根違いではこの出雲神殿もそのうちのひとつで、他に通し屋根では明治神殿があるのですが、今回は屋根違い三社の出雲三社を紹介したいと思います。

高さを低めにしているので縦横比では横長になります。
通常であれば屋根の間隔をもう少しあけて正面から見て正方形に近い形にしていくところを、長方形のように見えると思います。

近年では天井付近に神棚を設置すると、マンションなどの場合には梁があったりして、一般的な高さでは下にきてしまうことがしばしば起こります。
また、棚板の高さをもう少し上に持って行きたいときなどは、お宮の高さが低ければ可能ですよね。

そこで、神棚内部の御札を入れる空間はそのままに、屋根の位置と幕板の高さを少し変えたデザインで神棚を作りました、これは意匠登録をしています。
出来栄えは画像を見てもらえれば一目瞭然、専門店の神棚らしい上級神具に仕上げてあります。
この神棚も随分昔から製作販売をしていて、交換される場合でも同じものを選んでいかれる方がとても多い人気のシリーズです。

大きさは2サイズ作っていて、今回は中型の神棚、そして金具扉を紹介しています。

【神具】出雲神殿三社(金具)(中)(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ39cm 幅65cm 奥22cm
内寸(本社) 高さ32cm 幅39cm 奥4cm
末社 高さ27cm 奥4cm
備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜
現在の住宅事情に合わせた高さの低いお宮です。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

出雲神殿三社 金具 中
おまかせ工房の商品紹介でよく画像としても利用しているので、それだけバランスとして良いことがわかるかと思います。
このクラスの神棚になると量販店などでは扱うことがない専門店のお宮。
何台並べても同じように作っていくタイプですね、その分、コストもかかりますがお客様からの信頼は高い。
10年前に揃えた神棚を交換しても、同じような神棚で届けています。
出雲神殿三社 金具 中
高さを低めにしているので横長の神棚に感じると思います。
まぁ、横長というのは神殿様式としては珍しいわけではありませんが、神棚として考えるとなかなか見かけないはず。
全体的にシャキッとしているし、さらにエッジを効かせてあるので凛としているように見えると思います。

出雲神殿三社 金具 中
屋根に差さる角のようなものを「千木(ちぎ)」と言いますが、このタイプは千木を置くタイプではなくて、千木を差すようにしてあります。
丸穴に角棒を差して、角棒の角を潰すことにより留めます。
以前、丸穴なのに角棒なんですか?と聞かれた方がいますが、丸穴に丸棒だと桧がやせてきたときに抜けやすくなるので、丸に四角を差すということは頻繁に使います。
長く神棚を祭られている方であれば、木がやせる、という表現でよくわかるかと思いますね。
出雲神殿三社 金具 中

この神棚に合う棚板セットはいろいろ用意しています、また、神具セットについてはセトモノ(中)でいいかと考えます。
神具は個人個人必要となるものが違いますので、おまかせ工房では定番神棚シリーズで神棚セットというものを設けていません。
また、棚板の大きさ次第では、神具を一回り小さくしたり、逆に大きくしたりしていきます。

少し良い神棚を祭ってみるかな、、、という方にオススメです。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告