おまかせ工房 小型の三社向け 神棚入れ 神殿ケース 【上品】

通し屋根・屋根違い三社の小型神棚を納める箱

神棚をそのまま入れておくための箱宮

おまかせ工房では神棚をいれるための箱を作っています、大きく分けると二種類ありまして、今回は小型向けの神殿ケースのご紹介です、ほかは中型用があります。

この箱型の入れ物は神棚をそのまま納めておきたいときに使う場合と、木札、木箱札など大きめの神札で神棚では入らないとき、この入れ物を箱宮として使うときに利用します。
最初は神棚のまま祭っていても汚れて困る、ホコリが多い場所だったなどの理由によって、箱に入れておきたいことがあります。

一応、おまかせ工房の弥栄屋根違い三社(小)のために作っているケースです。
他の神棚であっても大きさが合えば問題ありません。
同時に最適な組み合わせで神棚と神殿ケースを購入されていく場合が多いです。
その場合の神具などは「小」サイズで十分。

置いておくだけで使う、または壁掛けのようにして使う。
この神殿ケースは壁掛けできるように裏面に吊り下げ金具を取り付けてあります。

【神具】屋根違い神殿三社(小用)ケース 吊り金具付き
—詳しい紹介—
外寸 高さ48cm 幅61cm 奥33cm
内寸(本社) 高さ44cm 幅53cm 奥27cm

備考

内寸(本社)とは内側の空間を指します。

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

当店の弥栄屋根違い三社(小)に最適なサイズです。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

神殿ケース 神棚入れ 小型
正面がガラスの4枚戸です。
このガラスは後から入れるので、使う人もいれば使わない人もいるようです。

神殿ケース 神棚入れ 小型
側面左右のガラスは取り外せません。
神殿ケース 神棚入れ 小型
引き出しを付けてあります。
箱宮のようにして神殿を入れる場合、榊を中に入れてしまうと榊の大きさで神棚が隠れてしまうようであれば、この引き出しに榊を置くという方法もあります。
ただ、常時、出しっぱなしにするという使い方よりも、1日・15日などの日だけ一時的に利用する人のほうが多い気がしますね。
神殿ケース 神棚入れ 小型
神棚だけに限らず、五月人形などを入れることもあります。
雛飾りや兜飾りの入れ物は黒縁が多いのですが、それでは暗ぼったいということで神殿入れを代わりに使う、見栄えが良いです。

また、この神殿ケースには専用の御簾を作っていますので、少し神棚を洋風に、モダンにしたいときには、彩りのアクセントとして利用してみるのもいいと思います。
この神棚入れと御簾を同時に購入される場合には、当店側で御簾を取り付けてけおきますので、そのときには「御簾取り付け希望」と書いておいてください。
そうしないと判断がつきづらいので、お願いします。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告