おまかせ工房 神棚にも祖霊舎にも使える御札舎本三社 【上品】

箱型の飾りなし 神棚でもあり御霊舎でもあり祖霊舎でもある

受注生産なので二週間以上かかることもあります。

おまかせ工房は御札舎というシリーズを作っているのですが、主流の一社タイプではなくて今回は受注生産タイプの三社を紹介してみます。
三社タイプではこの一種類のみ。

装飾をしていない箱型タイプ、観音開きの扉を開けるとさらに三枚戸という、シンプルデザインの神棚です。
この御札舎は御札を祀っていくものとして作り始めてみましたところ、御幣を入れたり御霊を入れたりして使われる人の話を何度か耳にしました。
使い方もいろいろあるものだなと思いつつも、シンプル故に祖霊舎のように使っても問題ないということ、そして、コンパクトタイプの箱宮のようにも使える。

箱だけ置いておいたら、その中に何が入っているのかわからないような印象を受けるのではないでしょうか。
また、この御札舎本三社は普段は作っていません、依頼があった時だけ作るわけですが、購入を考えている方は問い合わせてください。

なお、御札舎本一社の方は定番として常時製作をしています。

【神具】御札舎 本三社[据え置きタイプ](神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ35cm 幅31cm 奥18cm
内寸(本社) 高さ26cm 幅8cm(3枚) 奥5cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。

飾りなどを廃し御札のみを入れるための神棚です。
一般な的な箱宮とは違い中にはセトモノセットなどは入れません。
一見、神棚とは見えないと思いますので、洋間などに最適です。
置いて使うことになりますので吊り金具などは付けることができません。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

御札舎 本三社
正に箱ですが、神棚専門店らしく神道らしさを出しています。
御霊舎と決定的に違う点として、内部に扉が三枚あるという点です。
もし、祖霊舎のような使い方をする場合には、扉ごと分ける必要があるかもしれない。
御札であれば神棚同様の祀り方でいいと思います。
御札舎 本三社
引き出しを付けてあります。
基本的に白木の上に水物(お酒やお水)などの陶器を乗せてしまうと、黒い跡が残ることがありますが、できることならそれは避けたいところ。
普段、扉は閉じていると思いますので、祭事のときや、1日・15日の日など特別の日だけ、一枚目の正面扉を開けて、引き出しを出し、お供えなどをされると良いのではないでしょうか。
御札舎 本三社
先にも書きましたが、御札舎本三社は常時製作しているものではありません
一台注文が入ったときに合わせて数台作ることもありますが、売り切れればまた注文があるまで作らないような位置づけです。
在庫の有無や納期などは一定ではないので、聞いていただいたほうが早いかもしれません。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告