おまかせ工房 通し屋根で薄型三社 出薄型三社神殿 小型タイプ 【上品】

奥行きを必要としない薄型の通し屋根三社 出薄型三社(小)

棚板前を空間を多くとりたい、壁に貼り付けて祀りたいとき最適

神棚というものは高欄(欄干ともいう)というものがあって、階段があって、屋根がせり出していてと、神殿建築のミニュチュア版のような形をしているものがほとんどです。
おまかせ工房でも神殿建築を踏襲したものを多く作っていますが、今回の神棚は高欄なし、階段なしという形状をしている。
これにより出来る事がありまして、それは薄型に出来るという点です。

薄型ではないと困る場所があるわけです。
あまり他人の神棚の祭り方に興味が無いかもしれませんが、棚板ひとつとってみても誰もが30cm、40cmの奥行きを取れる場所とも限らない。
さらには、この出薄型三社を壁に取り付けてしまい、そのまま壁掛けとして祭っている方もいます。

大きさと言ってみても、幅、高さ、奥行きとあるわけで、薄型の神棚を探している人にはよろしいのではないでしょうか。
この神棚は2サイズ作っています。
今回は「小型」です。

御札を入れる空間(内寸)は十二分にとってありますので、普通の三社と変わりません。
棚板で祭る場合、前側に十分な空間が必要なとき、お供え物でいっぱいになりやすい人などにはベストな形だと思います。

【神具】出神殿三社(小)(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ36cm 幅52cm 奥10cm
内寸(本社) 高さ27cm 幅8cm 奥3cm
末社 高さ27cm 幅8cm 奥3cm
備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)
出神殿三社(小)
通し屋根を継承しているので、三社の扉は同じ大きさで作ります。
大小の2サイズともデザインに違いはありません。
一社の神殿を横に二台、三台並べるより、このようにまとめておくこともします。
出神殿三社(小)
壁掛けされる場合には裏側に吊り金具を取り付けてください。
重量的には軽いものなので、額縁などを下げる三角の金具で十分です。
箱宮のような吊り下げ金具は必要ありません。
また、それでも重さが気になるようでしたら、下支えの木を一本、一番下に当てておけばさらに安心できると思います。
出神殿三社(小)
神鏡や金幣芯をおくことは可能です。
扉前に置くことが多いので、そのためのスペースは確保してあります。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告