おまかせ工房 縁起を積む 鶴刻宮の箱型神殿 中サイズ 【上品】

飛び立つ鶴にあやかる 鶴模様を入れた神棚

この神棚・・・女性好みかもしれない・・・・

ガラス箱宮なので壁に掛けておくことができます。
鶴をあしらった神棚シリーズは、おまかせ工房のレパートリーの中でこの種類だけ。
縁起を積みたい人にはオススメですね。

身の回りには様々な縁起物や縁起を担ぐようなことがあって、こういうことは積み重ねかもしれないのですが、一回で全てを叶えるようなものはありませんので、やはり、一回一回、一個一個の積み重ねになるのでしょう。

神棚も縁起物だという考え方もあって、日をみて購入したり、処分したりすることもまだまだ習慣として残っていると思います。
日々是積み重ねということでしょうかね。

【神具】鶴刻宮神殿(中)吊下式(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ43cm 幅54cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅34cm 奥4cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。これは吊り下げるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

鶴刻宮 三社(中)
箱宮にも角ばったものもあれば、このように丸みを帯びさせているものがあります。
鶴刻宮は丸みのあるほうです。
女の人が個人で思い入れのある神様を祀っておきたいときによく選ばれているので、女性には大人気の神棚です。

下には引き出しがあるので、お供えにも便利。
鶴刻宮 三社(中)
ガラス箱宮は壁掛けせずに置いておくだけで祭っている人達も多いようです。
一応、全てのガラス宮には壁掛けできるように吊り下げ金具は取り付けていますが、裏側で隠れてしまうので、目立ちません、というか見えないと思います。鶴刻宮 三社(中)
鶴刻宮神殿は3サイズ作っています、今回は中型で紹介をしました。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告