おまかせ工房 神棚の前に二段にして豆八足台を置く 短足型豆八足台 【上品】

神前二段式豆八足台 小型の八脚台

短足型でも二段式としてでも絶賛販売中

神棚の前で使う神具に豆八足台というものがあります、お供え物を置くときによく使う道具ですが、普通は一台で事が足ります。
ところが、もう一台増やしたいということもあって、その時には前後に並べて二段式にします。
そのとき違う高さのものが必要になるので、短足型の豆八足台のご紹介。

おまかせ工房では二段式豆八足台として購入された場合には、板目を揃えるために同じ桧の続き板から作って渡せるのようにしています。
これは通常の豆八足台と短足型豆八足台を別々に購入したときでは絶対にできないと思います。
ただ、横並びにするわけでもなく、前後並びにするかとと思いますが、単なるこだわりです。

単純に低めの豆八足台の方が良い場合もありますので、「通常の豆八足台」と「短足型豆八足台」、そして「二段式豆八足台」と区分けして販売しています。

一般に豆八足台の大きさは幅で決めていきます。
1寸=約3cmと考えていてください。
1尺=約30cmとなります。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

短足型豆八足台
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

神饌を乗せるときなど豆八足台はとても重宝すると思いますよ。
棚板に直に置くと、水跡がついて黒ずんできますが、そこへ一段上げた状態の台を使えば、お供え物にはぴったりです。
大きさもいろいろあって、小型ものであれば6寸、大型のものなら1尺2寸。
もっと大きなものを神棚の前で使いたい場合には問い合わせて願います。

神棚の前に前後にして豆八足台を使う方が増えてきています。
上段には普段のお供え、そして下段には旬なもののお供えという使い方もできますね。
時には野菜、時には魚など野のもの、山のもの、海のものと旬折々のものをお供えするというのはよくします。

旬のものは傷んでしまう前に食する。
だから、長時間のお供えというより、短時間のお供えでしょうかね。
そいう感謝の気持ちを形して、後は美味しくいただくほうがいいと思います。

広告