おまかせ工房 プラスティックの真榊から木製の真榊へ交換するパーツの販売

真榊小豆を木製にするためのキット(軸と台)

木製神具を使おう

神棚で祭るための神具に真榊というものがあります、すでにお持ちになっている方々も多いのではないでしょうか。
その真榊の一番小さなものは軸と台がプラスティック製になっていると思います。
今回紹介するのはそのプラスティックから木製に変更するための部品です。
真榊の一番小さなものを祭っていない場合には無関係。

おまかせ工房の真榊は全て木製軸、木製台にしてあります。
ですので、この商品はあくまでもプラスティック製のものをすでに持っている人が、やはり木製の方がいいかな、と思ったときに交換できるキットという位置づけですね。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

真榊 木製
プラスティック製の神具より木製の神具の方が良いなぁ~と思ったら是非使ってみてください。
特に気にしないなぁ~というのであれば、そのまま祭っておいてください。

これは部品なので各人でその部品を取り替えていただくことになりますが、作業は至って簡単なのですぐに終わります。

構成している商品は、この軸と台座、そして正絹の赤糸だけです。
一番上には榊を挿しますのでその穴はすでにあけてあります。

真榊 軸交換
画像はプラスティック版の真榊です。
作業はこの赤糸を切ることから始めてください。
後は、同じように木製版についている真鍮釘に引っ掛け直して正絹糸で縛るだけ。

真榊 軸交換
どってことない商品かもしれませんが、神具の世界もいろいろありまして、価格だけで選んでみたけど届いてみたら良くなかったという話はいくらでも聞きました。
特に、他にもある、似ているようで違うもの、という種類の多さを知らないで通信販売で購入していくケースが多いようです。
なかなか説明や画像だけでは判断が付かないことも多いかと思いますが、その辺はやはり専門店を選ぶべきかと思います。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

真榊は深い意味を含んでいる神具のひとつですが、気軽に置いておくと神棚に彩りを与えてくれると思いますよ。
カラフルと言えばそうなりますが、この五色にも意味がある。
神棚を洋間洋室で祭っている場合には、少しモダンめいた感じになるので、実によく合うと思います。

広告