おまかせ工房 自由に切れる上敷き 縦横斜めに自由自在

その場で大きさを合わせられる上敷 畳の上 フローリングの上で大活躍

切ったときには補修縁テープを忘れずに付けてください

特殊な上敷ござを紹介してみたいと思います。
この「自由に切れる上敷」は、なんとカットすることができる、ハサミがあれば切れるんです。
普通、ゴザというのものは切ったら「補修縁テープ」を貼っておかないとバラバラになってしまうものですが、この自由に切れる上敷は裏面にフエルト状の素材を全面に貼りつ付けてあるので、切ってもバラバラになりません。
そのため、通常であれば両面使える上敷ござですが、表面だけの利用になります。

部屋の大きさに合わせて変えられる上敷ござ・・・ということですね。
切らないといけないような場所、柱があって角を落とさないといけない場所、縦にカット、横にカット、、、そして斜めにカットできる唯一のゴザです。

特に斜めについては、通常のい草上敷きではできませんので、部屋が斜めになっているような場合には、もうこの「自由に切れる上敷」しかないと思ってください。

また、近年、フローリングの上に上敷ござを敷きたい人が増えてきているようです。
床の上に敷く場合、これも通常の上敷の場合には薄いので不向きですが、この自由に切れる上敷きの場合には、フエルト状のものを貼り付けてある分だけ厚い。
だから、カカトが痛くない、座っていられるということでよく洋室カーペットとしてゴザの利用を考えている方々には大変好評を得ています。

このように始めは切って大きさを合わせてもらうために作り出した特殊な上敷ですが、使い方もいろいろあるようです。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

フリーカット ござ
フリーカットの上敷で縦・横・斜めに切れます
ただし、注意して欲しい点として、「切ったらその切り口にはヘリテープを必ず付ける」ということです。
これは忘れないでください、ヘリテープは無駄にならないように1メートル単位で販売しているので必要なメートル数だけ求めてください。
この補修用ヘリテープは10メートルであっても1本として届けていますので、貼ったときに見た目がとても綺麗に違和感なく貼れると思います。

ならば、曲線はどうか?円形はどうか?という話が稀に聞かれますが、これも切れます。
しかしながら、曲線には補修用ヘリテープは付けられません
もし、どうしても円形に切りたいんだ、曲線なんだという場合には、部屋の隅など人の踏まない場所だけにしておいてください。

自由に切れる上敷
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

掘り炬燵を使っている人達にも好評です。
簡易タイプの囲炉裏があるそうで、古民家風の暮らしをしてみたい人達が求めるようですが、自由に切れる上敷の中央部分を囲炉裏や掘り炬燵の大きさでくり抜いてしまう。
そうしておけば周囲にはゴザが敷ける、畳を直接傷めないという利便性があります。
そして、内側の切った部分には補修用ヘリテープをつけておく。

この「自由に切れる上敷ござ」は、江戸間サイズと本間サイズで製作をしています。
どちらにせよ切って使うことが前提ですので、部屋より大きなサイズを購入してください。

おまかせ工房の上敷は全て新しく織り上げています。
製作期間として一週間ぐらいはみておいてください。

広告