おまかせ工房 小さな神棚を入れる そのまま祀るときに使う箱宮ケース大型 【上品】

木札のまま祀りたい 大黒様などの物体を入れたいときに便利

中に神殿を入れたものもあります。今回は大型サイズをご紹介。

帯に短し襷に長しということもありますが、おまかせ工房で作っている箱宮の外箱は3種類あります。
今回はその3種類の中で一番大きなサイズのものを紹介したいと思います。

この入れ物は箱宮で使うときの外箱ですが、お社が入っていません。
つまり、中に広い空間を必要とするとき、特に大きな木札などですね、木札になると大きなものがありまして、神棚では対応できない場合が多々あります。
そのような神棚の社には入りきらないようなとき、この入れ物を神棚全体に見立てて、箱型神棚として利用します。

いろいろなお客様と話をする機会がありますが、もう少し幅の広いものはないか?もう少し奥行きの薄いものはないか?高さの低いものはないか?ということを言われることがあります。

あくまでも、おまかせ工房では大中小の3サイズのみ。
もし、もっと大きなものを必要とし、中型サイズの神棚を入れたい場合には、屋根違い三社ケースというものもありますので、そのような場合にはそちらをお使いください。

また、基本的に置いておくだけのものですが、なかには壁に掛けたいという人もいます。
そのときには「吊り金具希望」を選択してもらえれば、当店で吊り下げ金具を取り付けておきますので、壁掛け希望の場合にはご利用ください。

【神具】箱宮ケース大号
—詳しい紹介—
外寸 高さ42cm 幅58cm 奥25cm
内寸(本社) 高さ37cm 幅54cm 奥22cm

備考

内寸(本社)とは内側の空間を指します。
「吊り金具必要」を選択された場合には、壁に取り付けるためのネジなどを2本ご用意ください。
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 箱宮ケース 大
正面部分はガラスになっています。
このガラスは取り外し可能ですので、稀に板に取り替える人がいます。
板戸にしてしまうということです。
おまかせ工房としてはそのための板は用意していませんので、ガラスと同じ大きさ、厚さの板は板戸にしたいときには用意をしておくといいでしょう。
おまかせ工房 箱宮ケース 大
扉を開けるとこのように大空間が広がっています。
さらに引き出し付き。
元々はこの中に神棚をセッティングして箱宮三社にしますが、これはその神棚を入れない状態のままの段階です。

ただ単に木札などを置いておくだけでは、薄汚れてしまう、倒れてしまうなどの諸問題が起こることがあるので、このような箱に祀っておくことにより、小さめの神具なども一緒にまとめて祭ることができるというわけです。
おまかせ工房 箱宮ケース 大
このような箱に入れて祭る場所には家庭だけではなく、船舶で神棚を祭っておきたいときなどでも利用します、その時には先にも書きましたがガラスを板に交換して、揺れても落ちてもガラス片が飛び散らないようにしておくことが多いです。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告