おまかせ工房 神道向け 大きな金幣芯 一本立切下型腰板付 【上品】

家庭では神道祭壇(祖霊舎)の前、八足台の上、床の間などに置きます。

神社ではお馴染みの金幣芯ですが個人で祭る事も多い大型神具

馴染み深い人にとっては説明などいらない神具です、金幣芯(きんぺいしん)と言います。
戦国時代劇をみると要所要所でこの金幣芯が出てきますが、関心がないと目に入らないかもしれませんね、これも撮影で使う金幣芯の家紋と実際の登場人物の家紋が違っていることがほとんどで、小道具として使いまわしているものでしょう。
八足台(八脚案)の上に置いてあるシーンは頻繁に見かけますね、武将の必需品です。

神社へ行けば本殿の中央に大きな金幣芯を目にすることも多い、また、神楽殿であればその中に祭っているところもあります。
単体で置いてある場合もあれば、神鏡と一緒に置いてあることもしばしば。
神鏡と金幣芯を置く場合、神鏡が手前にきて金幣芯が後ろにきます。
金幣芯の方が大きくなるように配置しますので、このような大きな金幣芯は頻繁に使われますが、もし、神鏡を置くと家紋が隠れることが嫌な場合には腰板なしの金幣芯でもいいかもしれない、でもその辺は余り気にしないのが普通です。

家庭で祭っておくことも多く、おまかせ工房ではいろいろなお客様と話をする機会がありますが、床の間に置いておきたいという要望が近年増えてきています。
上手な床の間の有効利用ということでしょう、従来であれば掛け軸や花瓶、木彫などの置物が多かったわけですが、床の間に神棚を祭る方々が増えている。
そのとき八足台を使うことが多いですね、大変、見た目も良く立派に見えます。

神道用の八足台に置く場合も床の間に置く場合も、小さな金幣芯を祭るより大きな金幣芯を使います。

今回、ご紹介しているのは「腰板」という簡単に言うと台座の付いたものですが、高さ45cmぐらいから大きな金幣芯は作っています。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)
金幣芯「一本立切下型腰板付」
家紋を入れて祭ることが多いので、家紋を入れる場合には「腰板」が必要になります
また、家紋は不要という場合もあります。
家紋は彫金した金属板を取り付けますが、家紋入れを希望する場合には家紋の画像を送ってもらっていますし、一応、おまかせ工房の方でも送られてきた家紋を家紋帳で探します。
もし、家紋はないけど何か入れたいという場合には「巴紋」を入れておくことがしばしばありますので、これは参考にしてください。
金幣芯「一本立切下型腰板付」
家紋を入れるか入れないかは指示してください、そうしないと作ることができません。
ただ、家紋入れは最終工程なので事前に用意をしておいていただければ尚結構なのですが、作るのに1ヶ月半~2ヶ月ぐらいかかりますので、その間に家紋を用意しておいていただければ結構です。

普段、家紋を目にするのはお墓などだと思います、紋付袴などそうそう着衣するものでありませんので、うちの家紋はなんだっけ?という方もいます。
家紋については日本には数千種類ありますが、誰もが知っているような有名な家紋を縁も所縁もないのに入れたりはしません、あくまでも家紋は家系に伝わる紋を入れますのでご注意を!(それでも例外的に巴紋は入れることがあります)

金幣芯「一本立切下型腰板付」
金幣芯とは何か?という解説は今回割愛しています、このような神具を探している人にそれを知らない人はいません。

なお、このようなものは一件一件依頼があったときに作っていきます。
今すぐ必要という場合には全く対応できません。
作る期間として先にも書きましたが、一ヶ月半~二ヶ月ぐらいは掛かります。
ともかく漆が乾かないことには作業ができないからです。

おまかせ工房では大きな金幣芯として「切下型十字台」「一本立切下型腰板付」「三本立切下型腰板付」「吊下型十文字台筒型」があります。
それぞれの形は商品ページをご覧ください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告