おまかせ工房 恵比寿大黒を二社にわけて祀る 二社大黒 小型タイプ 【上品】

大黒様と恵比寿様 二社神殿大黒 上品

七福神の双璧 恵比寿大黒を祀ろう

地域性が強い神様かもしれませんが、七福神の中でも恵比寿様と大黒様を中心に祀っておくことがあります。
多くの場合、お祭りなども実施されて一大イベントのように祭事が行われるところもありますが、全く知らない、見たこともない、という人もいることでしょう。
神棚に入れていいものか?別にしておくものなのか?と、いざ自分が初めて祭ってみるときには、あれこれ考えるようです。

一般的な話をすれば、神棚とは別の社を設けて、そちらで恵比寿様なり大黒様なりを祀っておくことの方が多いみたいですね。
場所は神棚の横でもいいでしょう、ただ、棚板で神棚を祭っている場合には左右に空きスペースがないことも考えられますので、その時には気にせず別の祭れるところに置いておく。

今回、紹介しているのは、おまかせ工房の二社神殿ですが、大黒宮【上品】という商品もあります、この大黒宮【上品】は一社タイプなので、恵比寿様でも大黒様でもそれだけを祀っておくときに使います
人によっては二台用意して、同じ社を横並べにして祀っている方もいます。
二社大黒の場合には、それぞれを横に納めておきますが、省スペースで配置ができる点が魅力かもしれません。
その代わりに大黒宮より内部の空間が狭いので、御神体のように物体になっているものを祭る使い方よりも、神札として祭ることもしばしばあります。

【神具】二社大黒神殿(小)(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ25cm 幅33cm 奥11cm
内寸(本社) 高さ17cm 幅8cm 奥4cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)
おまかせ工房 二社大黒 小
この二社神殿は、いろいろな素材、木の取り方で様々な事業所で作らているデザイン。
おまかせ工房が作るとこのようになります。
当店の特徴としては、キリッとさせるためにエッジを効かせたデザインで作り上げています。

なお、二社神殿大黒は3サイズ(大中小)とありますが、今回は「小型サイズ」を紹介。

おまかせ工房 二社大黒 小
二社大黒とはいいますが、大黒様だけを祀るものではありません。
二社恵比寿でも良かったのですが、言葉の歴史からすると二社大黒の方が広まっていますので、そうしているだけの話です。

七福神は恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁才天、福禄寿、寿老人、布袋の七神。
どれを祀っても結構ですし、八福神にしても構いません。
ただ、祭っている人達が多いものは「恵比寿」と「大黒」が目立つというだけのこと。

おまかせ工房 二社大黒 小
世間的には縁起物とされる七福神です。
時代世相から鑑みて、当時の人達の暮らしぶりなどを思いながら七福神を眺めると、ふくよかな姿、有り余る兵糧、綺麗な衣服、困らぬ金銭などとは真逆の生活だったのだと思います。
こうなりたい、こうあって欲しいという気持ちが形になっていくものですね。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告