おまかせ工房 神棚 通し屋根三社 富士 小型サイズ 【上品】

定番の神棚 通し屋根屋根三社 唐戸 富士神殿 小型サイズ

大型神棚シリーズです、小型と言ってもやや大きめ

おまかせ工房の人気神棚シリーズの中から、定番三社と言われる通し屋根三社を紹介してみたいと思います。
これも随分と前から製作販売している神棚で50年ぐらい前から作っているタイプ。
通し屋根三社を選んで取り替えてくれる人は、再度同じものを選んいきますので、品質、材質など申し分ないと考えています。
神棚を価格で選ぶ方も多いと思いますが、誰もが納得される良い出来栄え

3サイズ作っていまして大中小とあり、今回は「小型サイズ」を紹介していますが、小型と言ってもこのぐらいの神棚になると少し大きめになる。
二尺幅の棚板では窮屈なので二尺五寸幅(約75cm幅)ぐらいの棚板を使われるといいでしょう。

唐戸のみの製作です。

神具などを選ぶ際には、神鏡は最低でも2寸以上ですね、2.5寸でもいいと思います。
セトモノセットなどは「小」または「中」と言ったところでしょうかね。

【神具】通し屋根神殿三社富士(小)(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ41cm 幅59cm 奥23cm
内寸(本社) 高さ26cm 幅33cm 奥6cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
扉は「唐戸」です。
材料:尾州檜

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)
おまかせ工房 横通し三社 富士 小
神棚にも派手な神棚、地味な神棚というものがあって、おまかせ工房が作る神棚は全般的に地味な神棚になります。
彫を目一杯加えたゴテゴテ、ゴチャゴチャしているものは、従来のお客様も求めていないので、一様にシンプルな神棚が多いのですが、それでも少しアクセントが欲しい場合には、扉の裏側に扉御簾を付ける方法、それから真榊を置いてみることを薦めています。

それと、以前、お客様の中で神棚にスダレを付けたいという話がありまして、棚板の幕板がないから屋根の下に掛けてもいいものかな?と聞かれたことがありますが、普通は屋根の下に御簾は付けませんので、付けるのであれば棚板幕板の裏側に取り付けるのが見栄え的にいいと思います。
おまかせ工房 横通し三社 富士 小
おまかせ工房ではいろいろな神棚を作っていますが、シリーズで大中小とある場合には、階段の段数など違いこそありますが、同じ造り方で作っていくことになります。
シリーズが違う場合には細部の造り方に違いがあるということです。

稀に神棚の特注は出来ないだろうか?という問い合わせをいただくことがありますが、今は特注製作をしていません。
神棚も適当に木材を切って組み立てているわけではありませんので、設計図というものを必要とします、それから木目の取り方の仕様など仕事としては細かい仕事です。
特に一台数万円の神棚クラスのものは結構時間もかかります。
おまかせ工房 横通し三社 富士 小
ホームページで今回の神棚は「定番の三社」シリーズに入れてあるぐらいなので、誰が見ても、あ~良い神棚を選んだね、と言われると思いますよ。

これから神棚を祭ってみるか、選んでみるかという人がいればオススメしています。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告