おまかせ工房 い草を使った神棚 浜木綿箱宮三社神殿 【上品】

八重畳をイメージしたイグサ仕様の箱宮神殿 浜木綿三社【上品】

い草の上に神様を祀ることはよくあることです。

おまかせ工房の扱っている商品は、神棚、神具一式などの神道用品、御簾や座敷すだれ、い草上敷きなのですが、これら全て共通しているわけです。
量販店ではなかなか扱うことが難しいジャンルで、置いておけばお客さんが勝手にカゴに入れていくものでもないし、説明も経験も知識も必要になってくる商品構成ということに気づくと思います。

今回紹介したい商品は、神棚とい草を使った箱型の神棚
い草?って思う人もいると思いますが、神道用品の中に八重畳という珍しい畳があります。
実物はとても高価な畳で、一般家庭では使われることがほとんどありません、主な目的としては神様を乗せるための畳です。
神様を乗せるという状況を見たことがないと何の事なのかすらわからないと思いますが、比較的身近なこととして御帳台などで見かけたことがあるかもしれません。
他にも随所で使われますが、厚めの畳で縁がカラフルになっているものなので、何かの時にでも、これが八重畳というのか、と頭の隅に置いておいてください、見聞が楽しくなりますよ。

神棚でも神様を乗せる部分がありますね、御札の下、そう境内の位置です。
ですので、このようない草仕様の神棚があります。
しかし、これだけです、箱宮しか作っていません。
そして、八重畳を使うわけにもいきませんので、八重畳風の縁を使ってい草で畳らしくしたものです。

【神具】浜木綿箱宮神殿 い草台仕様(中)吊下式(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ39cm 幅55cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ30cm 幅34cm 奥4cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。

両サイドはガラス面 前面は引きガラス
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)
おまかせ工房 浜木綿 中型サイズ
欄間には落ち着きのある丸紋の透かしをあしらいました。
3サイズありますが、今回は中型サイズで紹介をします。
大きさが違う程度です。

壁掛けできるように吊り下げ金具は付けてあります。
正面ガラスは取り外し可能、左右のガラスは取り外せません。
引き出しは付けてあるので必要なときには使ってください。

おまかせ工房 浜木綿 中型サイズ
い草を使ってみたいと思っても、他の箱宮とは作り方が異なります。
他の箱宮は境内部分を取り外して、い草台だけ付け替えるということはできません。
ですので、い草仕様の神棚はそれ専用ということですね。
おまかせ工房 浜木綿 中型サイズ

い草の敷物は他に八脚案(八足台)の下に敷いたりもしますし、八脚案の天板の上に敷いたりします。
最近では床の間や天袋など板間に神棚を置きたいという場合、コンパネを敷くわけにもいかないと思いますので、その大きさのゴザを作って敷いておくことも多々あります。
だいたい一畳未満の小さなゴザになることが多いのですが、適当な大きさにして作って欲しいという依頼もあります。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告