おまかせ工房 定番の一社 大々神明一社 【上品】

直球ど真ん中 定番の一社神棚 大々神明神殿【上品】

比較的大きめの一社神殿 小型神棚の最高峰

おまかせ工房では小型神殿という分類で、同じような造り方をしていく神棚がありますが、今回はその小型神棚群の中で一番大きな一社の神棚を紹介してみます。
三社神殿と比較しても高さなどはそれほど変わりませんので、三社と一社を横並べするときはよく使われています。
また、一社のみを祭るときでも棚板セットとの相性は抜群。

このタイプの一社の大きな特徴としては、内寸が広いというところは着目しておいてもいいと思います。
神棚の内寸、つまり御札を入れる部分のことですが、これは5cm前後が一般的です。
目的としては御札のみを入れるわけですから、そのぐらいの奥行きがあれば事が足りる。

今回の大々神明一社神殿については、約2倍~3倍の奥行き(約11cm)があります
御札以外にも祭りたい人達も多いので、そのようなときには大きく作った小型神殿も利用してみてはいかがでしょうか。

【神具】大々神明神殿(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ52cm 幅44cm 奥30cm
内寸(本社) 高さ34cm 幅16cm 奥11cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)
おまかせ工房 大々神明 上品
おまかせ工房の大々神明一社は、半世紀以上何も変わらずのスタイルです。
直球ど真ん中ですね、定番の一社となっています。
神棚は個人で購入する人もいれば、神社などから受け渡されることもありまして、全国の神社や宗教法人の方々にも、この大々神明神殿は多く使ってもらっています。
つまり、人に渡せることができるだけの品質があるということだと思います。

神棚の名称はどこで作ったものでも同じようなものばかりで、なかにはどれも同じものと勘違いされている人もいるようですが、皆それぞれ違います。

おまかせ工房 大々神明 上品
もし棚板セットを同時に選ぶ場合には、棚板セットNo.5以外であればいいでしょう。
神具セットを選ぶのであれば、セトモノセット中サイズでは少々大きいと思いますので、小サイズで十分です。
ですので、このセトモノセット小を基準に選んでいくか、または神鏡であれば2寸を基準に選んでいけば、綺麗に見えると思います。
おまかせ工房では神具セットもいろいろな組み合わせで紹介をしているので、詳しくは商品ページを見てください。
おまかせ工房 大々神明 上品
近年、雑な神棚が氾濫しているようです。
おまかせ工房の上品シリーズは職人が作っているものですので、決して安い神棚ではありませんが、長く祭るだけの価値がある神棚だと思います。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告