おまかせ工房 小型祖霊舎 特上御霊舎 中 【上品】

中型サイズの霊璽入れ 本格的な御霊舎(みたまや)【上品】

小サイズと比べると御霊を入れる空間が約1.7倍の大きさになります。

おまかせ工房の特上御霊舎シリーズには、大サイズ・中サイズ・小サイズとありますが、御霊を入れる空間を比較すると、小サイズを基準にして、中サイズは約1.7倍、大サイズは約2.2倍となります
御霊(霊璽)の数が少ない間は小型御霊舎でいいのですが、増えてくることも考える場合には、大きめを選んでおくことの方が良い場合もあります。
また、すでに御霊が多く、さらに古くなってきた場合には、新しく霊璽を取り替えていくこともします、そして、御霊舎などは取り替えず霊璽をひとまとめにする御霊繰出型を使い、御霊舎内部の空き空間をつくることもありますので、詳しくは神職に相談されるといいでしょう。

おまかせ工房ではこの御霊舎を相当古から作っています。
以前は小型を選んでいたけど、御霊の数が増え中型に取り替える、大型に取り替える、ということが各ご家庭でおこってきています。
そのとき、全然違うものを選ぶことがないように、大きさが変わっても同じデザイン、同じ素材、同じ作り方で今まで統一してきました。
安定感というか安心感があると思います。

【神具】特上御霊舎 中 (みたまや) [神道]【祖霊舎・御霊舎・神徒壇・祭壇宮】
—詳しい紹介—
外寸 高さ41cm 幅41cm 奥行25cm
内寸 高さ35cm 幅27cm 奥行15cm
備考

内寸とは中心扉の内側、すなわち御霊を入れる空間を指します。

製作期間:1週間ぐらいみておいてください

材料:尾州桧

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)
小型祖霊舎 特上御霊舎 中 【上品】
一般的に言うと、御霊舎はケースに入れることはありません。
神棚ではケースに入れることがありますね、でも、御霊舎はそのまま置いておきます。
ということで、御霊舎専用の箱というのはありません。

しかし、とは言うものの汚したくないなどの理由もあって何かの箱を探している人もいるはずです。
そのときにはガラスケースのような見えるものがおすすめ。
完全に隠してしまうような箱ではないもののほうが良いと思います。

小型祖霊舎 特上御霊舎 中 【上品】
小型サイズ、中型サイズ、大型サイズと商品ページではしっかりと紹介をしてありますが、奥行き寸法についてはそれほど変わりません。
幅寸法と高さ寸法が変化をしていきます。

小型祖霊舎 特上御霊舎 中 【上品】
おまかせ工房定番の御霊舎です。
常時製作をしていますが、時として在庫が切れてしまうこともあります。
作るときには何台もまとめて作るので、そのときにはしばらく待ってもらうしかありません。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告