おまかせ工房 伝統工芸士が作る御札入れ 唯一無二の神棚 【上品】

浮かび上がるように御札を祀りたい

シンプルさの中にとてつもない品がある神棚

おまかせ工房の職人も一流です、でも、この神棚は伝統工芸士が作る超一流の神棚、いや御札入れ、御札差しというほうが正しいかもしれません。
この作品だけ作ってますので唯一無二と言ってもいいでしょう、普段は仏壇を作っている山下氏の作品のご紹介です。

表面仕上げのフィニッシュはもの凄いです、普通はここまでしません。
もはや木材が木材ではないような滑らかさ、本当にこれを手作業で作っているのか?工業製品じゃないのか?と疑いたくなる仕上げ感は、そう真似できるものではありません。

もっとも神殿のような屋根あり高欄あり扉ありのような形状では、ここまで仕上げに力を注ぐことはできないと思いますので、今回の御札入れはとてもシンプルな形をしています。

【神具】お札立て (神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ32cm 幅14cm 奥6.5cm
内寸(本社) 高さ28cm 幅9cm 奥1.5cm

備考
内寸(本社)とは御札を入れる空間を指します。

おまかせ工房では昔ながらの寸法、そして規格で作った神棚類を販売していますが、このお札立ては創作神具になります。そして、この御札立てにはコンセプトがあります。

製作をする段階で「神具に見えずに神具である」という概念、そして「シンプルであること」

この二つの思惑を兼ねた新しい神棚になります。
横から見ていくと箱のように見え、次第に正面に近づくとお札が見える。
その見え方も浮かんだように見えるように縦一本の細隙(さいげき・スリット)を12本施し、繊細にして淡麗に仕上げてあります。

破魔矢を掛けられるようにリングがあります。
壁に掛けても置いても使えます。

素材:選び抜いた檜葉材

伝統工芸士 山下学(第506829号)氏の作品です
類似品にご注意下さい。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

伝統工芸士 神棚 御札入れ
横に付いているリングは後から必要であれば取り付けるものです。
破魔矢掛けとして利用できることを念頭において付属しているものです。
また、画像では台の上に置いてあるわけですが、壁掛けとしても利用できる、そのため留め金具は付属してあります。

伝統工芸士 神棚 御札入れ
御札は上部の隙間から落とし込むように入れるだけ。
内寸(本社) 高さ28cm 幅9cm 奥1.5cmですので、すでに御札を用意している場合には、この寸法以下のものなら納めることができるということです。
下部にある受けで止まりますが、この位置が絶妙で浮かび上がるように見えるポイントになっています。

伝統工芸士 神棚 御札入れ
神棚であれば破魔矢を置く場合、破魔矢掛け、破魔矢置き、破魔矢立て、破魔矢差しなどがありますが、このような壁に取り付けたときにも破魔矢を飾りたいときにはリングを利用するといいと思います。
画像では長さ60cmの破魔矢を使っていますが、長さ45cmぐらいのものでもいいでしょう。
伝統工芸士 神棚 御札入れ
動画を見てもらうとよくわかります。
もし通路に祭るのであれば通りすがりの真正面を通ったときだけ、お祀りしている御札が見える、そして、また隠れていく、見え隠れということですね。

おまかせ工房が販売するからには良い神棚ではないと紹介をしていきませんが、これは良すぎるのではないかと思うぐらいの御札入れ。
伝統工芸士になるにはやっぱり大したもんですよ。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告