おまかせ工房 木曽檜 三宝 【上品】

三宝(三方)「さんぽう」と言われる本格的なお供え台 三宝 【上品】

三宝の向きは刳形(くりがた)が手前です。

神具の中で多くの方々が利用するものがあります、それが三宝(三方)と言われるお供え用の台ですね、持っていない人でも一度や二度は目にした人もいるはずです。
よく「三宝の向き」のことを聞いてくる人がいますが、画像のように手前に「刳形」がくるように置きますので、向きを逆さまにしないようにしてください。
決め事の少ない神道ですが、これは向きが決まっています。
刳形というのは木と木をつなぐ部分のことを指します。

おまかせ工房の三宝類は全て木曽檜で作ります。
まぁ、いろいろなところで三宝類は販売をしていますので、手頃な神具を揃えてみるといいでしょう。
ただ、外国製の三宝も多く売られているので、素材いろいろ木の取り方いろいろ、価格だけで判断しないほうがいいと思います。

では、三宝というのはどのような場面で使うのか?・・・至る場面で登場してきます。
時にはお盆代わり、時には受け渡し用具、時には支えの椅子代わり・・・。
今時、支えの椅子代わりはしませんね、切腹の時ぐらいでしょうか、そして、切り落とした生首を乗せたりする。
ともかく、いろいろなところで場面に応じて利用していきます。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)
おまかせ工房 三宝
三宝の乗せ方という話がありまして、教科書のような置き方をするとこのようになるのではないでしょうか。
これは一例でしかありませんので、絶対ではない、そんなことは誰も決めてはいません。
何をどうやって乗せたらいいのかわからないときには、参考になると思いますので真似てください。

乗せる物も一様ではないので、臨機応変に置かれるといいでしょう。
決めてしまうのは本職の人達ぐらいです、そうしないと規律がないのと同じですよね。
個人で三宝を使う場合には自由に乗せたいものを乗せられるように配置すればいいはずです。

三宝は脚のついたお盆です。
お盆にはその内側に配置するという決まりはない。
だから、三宝より大きなものをドンと乗せても結構ですよ、鯛を乗せたりするときでも使います、それから日本刀を乗せることもある。
これらが、お盆でもあり受け渡しの器でもあるという部分です。

おまかせ工房 三宝
神具セットの対応表を付記しておきます。
これは参考ですが、セトモノセットより大きな三宝であれば問題ありません、小さな三宝は避けてください。
一応、おまかせ工房の寸法で合わせてありますが、三宝なども作る事業所によって少し大きさが違いますね、それでも大きくは違わないと思います。

おまかせ工房 三宝
三宝は黄ばんできたら取り替えたほうがいいでしょう。
良い素材ほど黄色くなっていくのが早い。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)
三宝の脚台がないものを折敷(おしき)と言います。
そして三宝の脚台の高さを半分程度のものを遠山三宝と言います。
これらの三宝類を並べて置くときに、高さの高低差を付けるために、これらを組み合わせておくこともあります。

広告