おまかせ工房 神棚 ガラス箱宮神殿 注連縄付き 中サイズ 【上品】

欄間彫と注連縄の調和がとれた箱型神棚 【上品】

中型サイズの壁掛け神棚 豪華版

おまかせ工房では注連縄付きの神棚を作っていますが、今回は「中型サイズ」のご紹介です。
箱宮は丸みを少し帯びさせるために柱の角を落としますことが多いのですが、こちらの注連縄シリーズについてはエッジを効かせるために角を残してあります。
キリッとしている神棚と言われることもあります。

大型サイズ、中型サイズ、小型サイズで違うのは幅寸法です。
この注連縄神殿シリーズでは大中小の箱宮の高さ寸法と奥行き寸法は同じ。
すでに納めたい神具などがありましたら、それらに合わせて大きさを選ぶことができます。

注連縄については、たぶん毎年取り替える人がほとんどだと思います。
年末になったら街中で注連縄を販売していると思いますので、その時に取り替えばいいでしょう。

【神具】ガラス箱宮神殿(注連縄付き)(中)吊下式(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ39cm 幅54cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ25cm 幅34cm 奥4cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。これは吊り下げるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 注連縄神棚
大型、中型、小型とそれほど変わりません、先にも書きましたが横幅の寸法が違うので、それに合わせて内部の空間が違ってくる程度です。
注連縄の位置として屋根下あたりに取り付けると納まりがいいと思いますので、この位置で設定をしています。
おまかせ工房 注連縄神棚
欄間彫については、おまかせ工房には屋根違い三社(中用)ケースというものがありまして、これは神棚を入れる箱のようなものですが、その彫りを継承しています。
さらに注連縄付き箱宮神殿に限って、左右にもその欄間彫を加えてあります。
彫りを見ればわかることですが、これは「雲」彫です。

おまかせ工房 注連縄神棚
神具セットを置く場合には、「小サイズ」でいいと思います。
中サイズでも入って入らないこともありませんが、箱宮に神具を祭る場合には内部に少し余裕を持ちたいので、写真撮影などの場合には中サイズを使うこともありますが、実際に神棚として使う場合には一回り小さな「小サイズ」を薦めます。

榊については内部に置くと榊自体が大きすぎることもあるので、榊の剪定、もしくは引き出しに置くということも考えてください。
または、真榊を置いて榊の代用として使うこともいいでしょう。
もし、真榊を置くのであれば「小豆:木製仕様」が綺麗に祭れると思います。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告