おまかせ工房 流れ造り屋根 八幡一社 【上品】

大型一社神殿 流れ屋根の八幡一社 【上品】

流造りの屋根が特徴的な一社の神棚です。

おまかせ工房ではいろいろな形の神棚を作っていますが、やや嗜好性が強い神棚があります。
屋根の形状は神棚を選ぶ際に考慮する人は少ないと思いますが、流れ屋根というものがありまして、通し屋根とは違う、屋根違いとは全く違うとても特徴的な神殿様式のひとつです。

今回紹介する一社の神殿は、その流れ屋根、正しくは流造りと言いますが、全国にある神社などでも使われている様式のひとつです。

流れ屋根にすると自ずと高さ寸法が増しますので、小型神殿では作れない形状。
それゆえ大型神棚のみの製作をしていますが、見る角度によって屋根の大きさが変わってみえるから不思議です。

上に伸び、前にせり出す流れ屋根の神殿のご紹介です。

【神具】流れ造り(八幡)宮神殿一社(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ57cm 幅45cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ34cm 幅16cm 奥12cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)
おまかせ工房 流造り八幡一社
八幡という名称を付けてありますが、八幡宮専用の神棚というわけではありません。
全国には八幡神社が多々ありますが、いろいろな屋根を持った神殿造りをしています。
ただ、代表的なことは確かです。
もし八幡様を祀るにあたって何に祀るべきか迷われた場合、候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。
おまかせ工房 流造り八幡一社

扉は唐戸のみを製作しています。
他には似た形状で一社、そして三社があります。
どれも大型神棚のみなので、祭り場所を考えてから選んでください。

とても良い神棚になります、その分、値段もはりますが20年に一回ぐらいの頻度で取り替えてくれるお客様がとても多いのが目立ちます。
この神棚も相当昔から同じ作り方で作り続けている定番の神棚のひとつ。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告