おまかせ工房 神棚 天星箱宮1型三社(中) 【上品】

巴紋の付いた箱宮 中型サイズ 【上品】

神前幕を掛けるなら45x24サイズがピッタリ

こちらの神棚は小型サイズと中型サイズを作っていますが、神前幕を掛ける人がとても多いのが、長年販売してきた経験から言えます。
小型サイズ・中型サイズ共に45x24サイズの一番小さな神前幕、それも巴紋を使うことが圧倒的です。

巴紋というのはいろいろな意味が含まれていますので、詳しいことは各人で調べてください。
正面の欄間部分に巴紋を入れてあり、左右にある細い線は雲、つまり雲海のようなイメージで作ってあるものです。

【神具】天星箱宮1型神殿(中)吊下式(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ37cm 幅54cm 奥25cm
内寸(本社) 高さ26cm 幅29cm 奥3cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。これは吊り下げるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

 おまかせ工房 神棚 天星箱宮1型三社(中)
壁掛けできるように裏側には吊り下げ金具は取り付けてあります。
置いておくもよし、掛けるもよし、場合によっては棚板の上に祭るもよし。
箱宮には場所を選ばない柔軟性があります。

小型サイズと中型サイズを比較すると、高さ寸法と奥行き寸法は同じです。
幅寸法が異なります。
小型サイズ・・・外寸高さ37cm 幅49cm 奥25cm
中型サイズ・・・外寸高さ37cm 幅54cm 奥25cm
さらにもう一段大きなサイズは製作していませんので、この二種類になります。

 おまかせ工房 神棚 天星箱宮1型三社(中)
幅寸法が広がる分、神具類なども少しは置ける空間が広がりますが、箱型神殿の場合には一番小さな神具でまおめてみるといいと思います。
例えば、今回の天星箱宮1型三社(中)の場合であれば、セトモノセットは豆サイズ、神鏡は1.5寸サイズというところでしょうか。

榊立ては内部に置くより引き出しを出したときにそこへ置くほうが見栄えとしては綺麗ですが、内部に真榊を常時置いておいて、生榊などは使わないという人もいます。
もし、真榊を置くのであれば小豆サイズで十分、おまかせ工房の真榊は木製軸・木製台仕様ですので、違和感が生じないはずです。

 おまかせ工房 神棚 天星箱宮1型三社(中)
正面にはガラスを四枚差し込みますが、このガラスは使う人、使わない人に分かれるようです、それと左右のガラスは取り外すことはできません。

現在、木彫り雲「桧」の無料サービス期間中のため、雲板を選択される人が増えていますが、取り付ける場所としては、この箱宮の内部でもかまいませんし、天井に貼っても箱宮の場合には見えなくなるということで、天井と箱宮の隙間に置いておくだけという人もいます。

雲の大きさを選ぶ際には「大きな雲」でも「小さな雲」でもどちらでも合います。
大きな雲を選ぶ人の方が多いということだけ付け加えておきます。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告