おまかせ工房 木札・護摩札入れに最適な神殿ケース 中型サイズ 【上品】

小型神棚や木札をそのまま納めることができる箱 【上品】

元々は箱宮の箱です、その箱だけの販売

小さな神棚を箱に入れたい、大きな木札、御護摩をむき出しのまま祀りたくない、壁掛けにしておきたい、置いておくにしても箱のようなものに納めて祭りたい、という要望があります。
おまかせ工房では神棚を作る過程で生まれる唯一、箱宮神殿の外箱というものがございますので、その神殿入れのご紹介です。

シリーズになっていまして、小型、中型、大型とありますが、今回は中型です。
どのサイズも使う素材、作り方は同じですが、サイズが多少異なります。
なお、現在は特注サイズの製作をしていませんので、この三種類の中から選んでいたくことになります。

木札などは札差しを利用している方も見受けられますが、どうしても汚れてしまう。
湿気が強いところでは紙もよれてしまう事なども起きます。
このような箱型タイプの入れ物に入れておくことのよって、多少の神具も祭ることができ、なによりこの箱自体が神棚として使えるようにできている。

【神具】箱宮ケース中号
—詳しい紹介—
外寸 高さ37cm 幅47cm 奥21cm
内寸(本社) 高さ32cm 幅44cm 奥18cm

備考

内寸(本社)とは内側の空間を指します。

「吊り金具必要」を選択された場合には、壁に取り付けるためのネジなどを2本ご用意ください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

箱宮ケース中
要望の中に、この箱を壁に掛けて祭りたいということがあります。
おまかせ工房では裏側に吊り下げ金具を取り付ける無料サービスを実施していますので、壁掛け希望の場合には「吊金具希望」を選択してください。
後からでも取り付けることは可能だと思いますが、テクニックが必要となるので、購入されたときに同時にやっていますので、そのようなサービスを利用されてはいかがでしょうか。
また、「吊金具希望」のお客様の中には、壁にかけなくてもいずれ必要になるかもしれないということで、事前に取り付けておく人もいます。
表からは見えませんので、あっても邪魔にはならない金具かもしれません。

箱宮ケース中
この入れ物の正面にはガラスを入れます。
このガラスは取り外すことができますが、中には板戸にしたいということで、ガラスを使わず、ガラスと同じ大きさ厚さの板を入れる人もいました。
ただ、こちらでは板戸用の板は用意をしていませんので、板戸にしたい場合には各人で用意をしてください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

小型サイズ、中型サイズ、大型サイズ、共に引き出しを付けてあります。
お供え物などを置くとき使うといいでしょう。

現在、この神殿ケースには木彫り雲「桧」の無料サービスをしています。
内部の上に貼っていただくのもよし、天井に貼っていただくのもよし、場合によっては天井と箱の隙間に置いておくだけということあります。

広告