おまかせ工房 二社大黒 大型タイプ 【上品】

大きめの二社神殿 恵比寿大黒に最適な深さのある神棚

打ち出の小槌で金運アップ

二社大黒神殿というのはだいたい形が決まっていて、あとはどのように作り上げていくかということなのですが、おまかせ工房の二社大黒は裏板も板目で作ります。
そして、「打ち出の小槌」は必須なので、それを付けておく場所も必要になる。

打ち出の小槌というのは宝物です。
宝物をもたらすもの。

宝くじなどを置いておく人もいます。
宝くじ入れとして富籤を単体で置いておくより、ちゃんと中に大黒様や恵比寿様を祀って、その前にでも宝くじを置いておく方がいいかもしれない。

もっとも本来は五穀豊穣、財福です。
恵比寿大黒は神棚とが別棟にすることが多く、そのため専用の社を構えることがあります、おそらく、このように別の神殿を用いている人の方が多いのではないでしょうか。

【神具】二社大黒神殿(大)(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ27cm 幅39cm 奥15cm
内寸(本社) 高さ19cm 幅10cm 奥6cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 二社大黒 大型
扉は開くだけではなくガバッと取り外せますので、中には広い空間があきます。
恵比寿様、大黒様などは神札だけではなく、人物像となっていることもあるので、その時のために二社大黒、そして大黒宮は内寸の奥行きを多めにとって作ります。

おまかせ工房 二社大黒 大型
おまかせ工房では二社大黒について、小型・大型・特大の三種類のサイズがありますが、これは大型サイズ。
大型と言ってもサイズを見てもらえばわかりますが、あくまでも単体で、しかも、神棚の横などに置く人もいるので、さほど大きくはないかもしれません。
今ある場所に適した大きさで選べるようにしてあります。

おまかせ工房 二社大黒 大型
七福神を祀っている人も結構いますね。
二社大黒という名称ですが、必ずしも大黒様、恵比寿様である必要はありません。
ただ、一般に二社神殿の場合には左右両方ともに納めておくことがほとんど。
それが三社神殿などとは少々違うところかもしれません。

傾向として、もし毘沙門天も祀りたいということがあるかもしれませんが、毘沙門天は毘沙門天だけで祀っている人が多いようです。
同じ七福神の中に含まれていますが、恵比寿大黒は組みで祀り、毘沙門天などは単体で祀る、そのため一社の神殿に入れておくことが多いということです。

人の神棚を見かけるといくつか神棚が並んでいる光景を目にしたことがあるかもしれませんが、そういう使い分けをしていることがとても多いので、一つにゴチャゴチャ入れてしまうより、目的別に祭ってみてはいかがでしょうか。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告