おまかせ工房 出雲神棚 唐戸 中型サイズ 【上品】

定番の中型三社 高さ寸法が低めの三社神殿 【上品】

出雲シリーズは金具扉・唐戸扉の中型と大型を作っています。

意匠登録をしているデザインの神棚です、全体的に高さを低めにしているので高さ制約のある場所には最適だと思います。
材質良し、造り良しの定番神具のひとつ。
出雲シリーズは屋根違い三社のみの製作です。

この出雲シリーズの姉妹品として、通し屋根の明治シリーズも作っていまして、明治シリーズも中型と大型サイズのみ。

弥栄屋根違い三社シリーズと比べると、高さ寸法で10cmほど低くなっている底床型。
それでいて御札を入れる内寸サイズはしっかり確保してあります。
横長に感じるはずですので、どっしりとしている神棚に感じるかもしれません。

【神具】出雲神殿三社(唐戸)(中)(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ39cm 幅65cm 奥22cm
内寸(本社) 高さ32cm 幅39cm 奥4cm
末社 高さ27cm 奥4cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
扉は「唐戸」です。
材料:尾州檜
現在の住宅事情に合わせた高さの低いお宮です。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 出雲 唐戸 中型サイズ

日本の住宅事情から生まれた神棚です。
マンションなどで梁があって神棚を祭ると下にきすぎてしまうことが多々ありますが、そのようなときには底床型の神棚はバランス的にもいいと思います。
また、神棚も神殿様式を継承して作っていきますが、実際の神殿に近い比率でもあります。
屋根違い三社ですので上下の屋根が重なりあう部分がありますが、この間隔を狭めることによって、シャープ感が出てきます。
これは現代住宅でも似たような家の造りでも存在しているので、見慣れているかもしれませんね。

おまかせ工房 出雲 唐戸 中型サイズ
手前味噌になりますがとても出来栄えの良い神棚になります。
神棚も同じようなものが多々出回っていますが、少し良い神棚を祭ってみたいという人にはとても好評なシリーズのひとつ。
また、数十年前から作っていますが、この神棚も交換されるときには同じものを選ぶ人がとても多いわけでして、一貫して同じ材質、部位で作るようにしている定番神棚です。
おまかせ工房 出雲 唐戸 中型サイズ
安い神棚ではありませんが、決して高いというわけでもないと思います。
おまかせ工房の神棚はリピートしてくれるお客様が多い神棚ですので、商品品質に納得されているものだと思います。

唐戸扉にしようか、金具扉にしようか迷われる人もいるようですが、これは好みです。
ただ、作る側から言うと、唐戸扉の方が手間もコストも掛かり、金具扉の方が作りやすい。
そのため、金具扉の方が価格面では安く出しています。

とても綺麗な唐戸です、これも作る事業所によって唐戸扉の出来が違う部分です。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告