おまかせ工房 御札舎と神鏡を一緒に祭る 簡易神棚 【上品】

神棚の祭り例 御札舎本一社「中」と上彫神鏡2.5寸でシンプル神棚として祭る

そのまま置くことも壁に掛けることもできます

おまかせ工房には「御札舎」という簡易タイプの神棚がありますが、この御札舎の主たる目的は、お札入れ、御霊入れ、金幣芯入れなど利用範囲が広い神棚として作っているものです。
御札舎本一社シリーズには「小」「中」「大」の3サイズがあり、その中で「中」「大」サイズのみに引き出しを付けてあります

今回の店長ブログでは、その引き出しを利用したコンパクト神棚としての祭り例を紹介してみたいと思います。

モデルとして選んだのは「御札舎本一社 中」「上彫神鏡2.5寸」どちらも上品神具からセレクト。
この神鏡を引き出し部分に置くことにより、御札と神鏡を同時に祭ることが可能となりますが、神鏡を金幣芯に変えてもいいし、また、金幣芯と神鏡を一緒に引き出しの上においてもいい。

引き出しは固定されていませんので、壁掛けの場合には日常生活の振動で手前に出てくて落下すると困りますので、適度なところで固定をする必要があります。
固定の方法としては裏側を少し接着しておけば十分でしょう。
引き出そうと思えば引き出せるぐらいの弱い固定方法であれば、再生可能となります。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 御札舎と神鏡
御札舎を壁にかけたいという要望がとても多いですね。
そして神具も置きたいようです。
壁掛けにしたいけど棚板で支えるのは大きすぎる場所なのでしょう。

台所、出入り口の扉の上などに祭ることもあります。
このような引き出しを使えば、お水、お餅、神鏡、金幣芯などが簡単に置けます。

おまかせ工房 御札舎と神鏡
下の画像は扉を閉じた状態で、引き出しに噛ませて神鏡を固定している状態です。
たぶん、多くの方は扉を閉じている状態にしていることが多いと思います。
上彫神鏡2.5寸を例に使いましたが、雲水彫神鏡2.5寸、神鏡2.5寸でもこのようなイメージになります。

神鏡を固定することはないと思います。
何故か?・・・神鏡を固定すると扉の開閉ができなくなる。
そのために神鏡は置くだけにして、引き出しだけ何かしらの方法で固定するのがいいと思います。

おまかせ工房 御札舎と神鏡
御札舎「中」に神鏡を祭る・・・・いかがでしたでしょうか。
イメージが湧いてきましたでしょうかね。

御札舎「小」には引き出しがありません。
これはそもそも小さすぎて引き出しを組み込むことができないからです。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

秋葉神社、愛宕神社など火の神様を祀っている場合には、キッチンに神棚を作りたいけどそんな場所はない、、、という事をよく耳にします。
このような簡易コンパクト神棚を上手に利用してみるのもよろしいのではないでしょうか。

 

広告