おまかせ工房 金幣芯と神鏡を合わせて祀る 御札舎「中」 【上品】

掛ける・置くができる御札舎に金幣芯と神鏡を祀る

御札舎の引き出しを利用した祭り例

神鏡の後ろに金幣芯を置きお祀りをしたい人がいると思いますので、今回は事例を紹介しつつ、おまかせ工房の御札舎「中」・金幣芯「大」・雲水彫神鏡2寸を利用した例を紹介してみます。
このような神鏡と金幣芯の配置はもっと大きな神具でよく見かけるはずですが、神棚として使用する場合には、このぐらいの大きさで十分です。

神棚の前などで祭る場合には空間もあることでしょうから気にならないと思いますが、御札のみを祀る場所でこれをしようとするとなかなか綺麗に祭ることが難しいことがあります。
ちょうど御札入れとして定評のある「御札舎」を利用すると、綺麗にまとめることができます。
御札舎には「中」と「大」のみに引き出しを付けてありますので、壁掛けとしてこのような祭り方をする場合には「中」「大」を選んでください。(「小」には引き出しはありません)

神鏡が必ず手前です、後ろ側に金幣芯がきます。
大きさのバランスなども考慮しますので、商品ページではわかりやすく表示をしています。(神具一式セットの項目をご覧ください)

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

御札舎 金幣芯 神鏡
金幣芯と神鏡を引き出しに固定する際には、単に置くだけで十分だと思います。
引き出しの取っ手部分を当てておけばずれ落ちることはないわけです。
むしろ、壁に掛けておく場合には、引き出しを固定する方が重要なのではないでしょうか。

置いておくだけのときには引き出しの固定すら必要がありません。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

いろいろな札入れがありますが、御札舎は扉が付いています。
開けておくもよし閉めておくもよし。
尚、扉を開けた状態でもこのように祭れます。

広告