おまかせ工房 欄間に鶴を刻んだ箱型神殿 大サイズ 【上品】

縁起を積み重ねる神棚 ガラス鶴刻宮神殿 【上品】

飛び立つ姿で弾みをつける さらに縁起をつける

おまかせ工房のガラス宮神殿シリーズの中では定番中の定番となっている鶴刻宮神殿のご紹介です。
見てわかるように「鶴」を欄間に刻んである縁起物の神棚です。
神棚の宮形として幕板付きにしてあるので、全体にズシッとくる立派なデザインに仕上げてあるところも特徴的だと思います。

箱宮神殿の場合には、通し屋根にするのが普通ですね。
大きなものでも通し屋根になります。
扉の作り、高欄の作り・・・文句なしの出来栄え。

小型、中型、大型と作っていています。
小型サイズ・・・高さ43cm 幅48cm 奥32cm
中型サイズ・・・高さ43cm 幅54cm 奥32cm
大型サイズ・・・高さ43cm 幅61cm 奥32cm
と幅が広がっていきます。(高さ寸法・奥行き寸法変わらず)

【神具】鶴刻宮神殿(大)吊下式(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ43cm 幅61cm 奥32cm
内寸(本社) 高さ26cm 幅40cm 奥4cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。これは吊り下げるタイプのものです。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

鶴刻宮 箱宮 三社 大型
正面ガラスは4枚戸、これは後から入れるものなので正面ガラスを使わない人もいます。
引き出しを取り付けてありますので、膳引きとして利用できる。

鶴刻宮 箱宮 三社 大型
木目の綺麗な部分を使って作るのが上品シリーズの最大の特徴でしょう。
境内部分の柵のことを高欄といいますが、とても出来の良い仕上げにしてあります。
三社のみの製作です。
この鶴刻宮シリーズでは唐戸は作っていません、金具扉のみです。

鶴刻宮 箱宮 三社 大型
左右からの光を取り込める、それゆえガラス宮神殿は内部が明るい神棚になります。
壁に掛けるもそのまま置いておくもよし。
下部も二段構えにしてある上等なシリーズになっています。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

 

広告