おまかせ工房 通し屋根一社 神明 中型サイズ 【上品】

神明一社神殿 金具扉 【上品】

神明造りの一社 出来の良い神棚です

あいにく神明一社の金具で小型は作っていません、中型からになります。
全体的に出来栄えの良い上品シリーズのみの製作です。
形としては神明造り、そして金具扉というのが特徴的で、昔からある代表的な神棚の形をしています、それ故、至る所で作られ粗悪品も多く出回ってしまうことも残念ですが、おまかせ工房の上品シリーズの冠を付けていますので、質良しは確かだと思います。

これも製作期間としては随分長い定番神棚。
以前、おまかせ工房で購入して古くなったから取り替えてくれるお客様も非常に多いですね。

これは金具扉のみを作っています、足元に特徴がある神明造り。
唐戸では神代一社という商品を作っています。
どちらもとても良い神棚です。

【神具】通し屋根神殿一社神明(中)(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ38cm 幅40cm 奥22cm
内寸(本社) 高さ27cm 幅12cm 奥5cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
足元に特徴のある「神明造り」です。
材料:尾州檜

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 通し屋根神殿一社神明(中)

神明造りの特徴として支柱があります。
柱で支えるというのが目に入るかと思いますが、実際の神殿様式でも数多く現存しているので、神社などに出かけれたとき気をつけて見てみると、神社巡りの楽しみも増えるのではないでしょうか。

これは一社シリーズなので、中型といえども小型になります。
そのため、支柱が短い。
三社などになるともう少し長くなります。

尚、神明一社神殿は、中型、大型、特大サイズの3種類を用意しています。

おまかせ工房 通し屋根神殿一社神明(中)

扉の左右に板が付いていますが、袖と言います。
この袖、見栄えを良くする目的と音を遮る目的、そして防火対策のためにあるものです。
ですので、単に板があるというわけではありませんが、これは神棚なので実物の神殿様式の継承ということになります。

この袖は袖壁というのが正式で、今の住宅でも何気に玄関先に板のような壁がある場合には、これと同じ役目ということですね。

おまかせ工房 通し屋根神殿一社神明(中)

同じような神明一社(金具)と神代一社(唐戸)。
金具と扉・・・どちらが好みかで選んでみてもいいと思います。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告