おまかせ工房 神明造り 屋根違い五社 【上品】

大型神棚 五社神殿 神明屋根違い五社 【上品】

安心の日本製神棚

神棚も一社、三社が世の中の主流で五社、七社となってくると祭っている人達も減ってきます、そのためどのように祭っていいものか相談を受けることがたびたびあります。

棚板の大きさから始まり、幕板の有無、神具の大きさなどですが、大きな神棚には大きな棚板が必要になることだけは確かです。
神棚の幅寸法で100cmあると棚板は3尺6寸5分以上は必要になります。
4尺棚板、5尺棚板でもいいと思います。

【神具】神明神殿五社(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ53cm 幅100cm 奥30cm
内寸(本社) 高さ39cm 幅16cm 奥10cm
末社 高さ31cm 幅12cm 奥9cm
備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

神明五社 屋根違い 五社 【上品】
大きな棚板の場合には神前幕がとてもよく映えるので、掛けておく方が多いです。

上品シリーズなので出来栄え良し、同系列の一社、三社などと同じ造り方をしていきます。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

住宅事情なども絡んでくると思いますが、五社神殿の大きさになるとかなり大きいです。
家庭で祭るより事務所で祭るという方が目立ちます。
この場合には神具なども一通り置いておくと良いのではないでしょうか。

広告