おまかせ工房 破魔矢の飾り方・置き方

破魔矢を綺麗に飾る 置く・掛ける・立てかける・差す

神棚前に細微に飾る 破魔矢の置台

破魔矢を飾る場所はどこがいいのか?という話があります。
細長い破魔矢は置き場所、飾り場所に困ってしまうこともあるようですね。
破魔矢は神社で授与されて、いざ家の中で飾ろうと思っても今ひとついい場所が見つからないこともあります。
ただ置いておくだけではつまらない、綺麗に飾りたい・・・できれば神前に飾りたい。

おまかせ工房では破魔矢用の置台を作っています。
神前に奉納する感覚で祀りたい、そう飾るというより祀る感覚というわけです。

ただ、神棚周辺には場所がないことも多く、コンパクトサイズの破魔矢スタンドは必要不可欠になることでしょう。
神棚の手前、横、上などに置いて祀ってみてはいかがでしょうか?

神前破魔矢置き 桧 幅18cm奥行き7cm高さ7cm
神前破魔矢立て 桧 幅7cm奥行き14cm高さ19cm
神前破魔矢差し 桧 幅7cm奥行き7cm高さ9.5cm
神前破魔矢掛け 桧 幅18cm奥行き7cm高さ7cm

これら破魔矢台は全て同じデザインで作ります。
破魔矢は一本だけのこともありますが、二本、三本と置いておく人もいますので、違う置き方で並べた時にデザインの統一をしておくほうがいいでしょう。

また、軸・台ともに同じ檜を使用
軸は削り出してありますので、一体感が半端ないです。
軸のデザインとして羽根をイメージさせてあります。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

破魔矢
破魔矢置きは主に神殿の手前に置くときに使います。
破魔矢立ては主に神殿の横に立てかけるようにして置くときに使います。
破魔矢差しは主に神殿の横に垂直になるように置くときに使います。
破魔矢掛けは主に神殿の上に壁に掛けるにようにして使います。

それぞれ目的、用途、場所が異なる場所で綺麗に邪魔無く配置できるように製作していますので、神前周辺で破魔矢の新しい置き方として破魔矢を活かすことができると思います。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

破魔矢差しについては垂直になるように差すタイプですので、ヤジリなしの破魔矢のみ対応しています、また、矢軸の直径は10mm以下になります。

破魔矢立てについては斜めに立てかけるスタイルなので、長すぎる破魔矢の場合には後ろ側に重心がきてしまうので、理想としては45cm程度になります。また75cm程度の破魔矢でも置くことができますが、場合によっては絵馬など重みのある付属品は取り外して手前などに置いておく必要も出てくるかもしれません。

破魔矢置き・破魔矢掛けについては破魔矢の長さは無関係です。

日本では様々な破魔矢の仕様がありますが、ほとんどの破魔矢で使える破魔矢台に仕上げてあります。

広告