おまかせ工房 定番の一社 大神明一社 【上品】

やや大きめの一社神殿 袖付き一社の定番神棚 大神明【上品】

神札を入れる部分が広い一社です

【上品】シリーズから定番の一社をご紹介いたします。
とても綺麗な神棚で相当昔から作っている何も変えない神棚になります。
交換される人が何の迷いもなく選べるようにしているので、材質の変更、素材の取り方の変更などは変えてありません。

例えば、1万円の神棚と3万円の神棚を比べてみる機会がないと、同じような大きさ、形なのに何が違うんだ?と思われると思います。
複数台同じ神棚を並べてみる機会もそうそうあるものでもないと思います。
上品シリーズは、過去に購入していただいた人でも、ほぼ同じような神棚を再入手できるように作ってある神棚になります。

この大神明神殿も同じ。
中神明・大神明・大々神明と3サイズ用意をしています、今回は中型サイズということです。

【神具】大神明神殿(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ47cm 幅38cm 奥24cm
内寸(本社) 高さ31cm 幅13cm 奥9cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 大神明一社 上品

画像を見ていただければわかるかと思います。
とても綺麗な神棚です。
取り替えてみたときに、以前のものと全然違う印象はないと思います。

おまかせ工房 大神明一社 上品

中神明・大神明・大々神明は御札を入れる部分を深く作ります。
そのため紙札のみならず、大黒様・恵比寿様などの物体を祀るときでも使われる人達もいます。
時には、自然のものを入れる人もいるようです。

このシリーズは全て金具扉のみの製作で、唐戸扉では作っていません。

少し話が変わりますが、高欄部分は木工ボンドなどで固定したほうがいいのか、それは必要ないのか?ということを聞かれたことがあります。
高欄というのは柵ですね。
これは留めたければ留めてください、留めたくなければそうしてください、自由です。
ただ、ホコリ落としなどをする際には留めておかない方がいいでしょう。

おまかせ工房 大神明一社 上品

中型サイズの神棚になります。
神具などは「中」でもいいですし、棚板などの余裕があれば「大」でもいいでしょう。
また、広く空間を使うのであれば「小」でもいい。

神鏡や金幣芯などを一緒に祀る人も多い神棚です。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告