おまかせ工房 大雪箱宮三社 小型サイズ 【上品】

札置き付きの大雪箱宮神殿 通し屋根で屋根違いの扉の神棚【上品】

物入れと扉の大小が箱宮として特徴的です。

箱宮としてとても珍しい部分を兼ね備えていますので、まずはそこの部分から説明をしていきたいと思います。
気付かれない人もいるかもしれませんが、箱宮神殿の場合には扉の大きさを揃える傾向があります。
三社であれば三枚の扉が同じ、これは通し屋根のスタイルなわけですが、この大雪箱宮三社は屋根違い三社のように本社の扉、末社の扉の大きさを変えてあります。
扉を揃えてある箱宮は比較的量産タイプの神棚に多く、もう少し上等なものになってくると扉の大きさを変えていくということになります。

そしてもう一つの大きな特徴としては、物入れとして使える部分を下部に備えているという点。
この部分には取り替える前、取り替えた後の神札などを納めておくことが多いです。
何に使ってもいい空間ということです。

この大雪神殿は小型サイズと中型サイズを作っています。
小型サイズ・・・外寸高さ40cm 幅48cm 奥31cm
中型サイズ・・・外寸高さ40cm 幅54cm 奥31cm

幅が広がるだけですので選びやすいのではないでしょうか。
今回は小型サイズで紹介をしていきます。

【神具】大雪箱宮神殿(小)吊下式(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ40cm 幅48cm 奥31cm
内寸(本社) 高さ24cm 幅29cm 奥4cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。

両サイドはガラス面 前面は引きガラス
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

お宮の両側はガラス、そして前面は引きガラスを入れられるようになっています。
前面のガラスは付属してあります。
壁に取り付ける場合には、壁に合ったネジなどを2本ご用意してください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 大雪三社神殿 上品

札入れなどの部分を備えていることもあって比較的シンプルに仕上げてあります。
そして前面の支柱は丸棒タイプ、ここの支柱も特徴的な部分になるかと思います。
下部の札入れ部分は本体と一体化しているので、取り外しはできません。

扉は一体型になっていますので、三枚とも同時に取り外すことになります。
取り外せば中に空間があり、その寸法が「内寸」という表記になります。

おまかせ工房 大雪三社神殿 上品

箱宮神殿ですので引き出しを付けてあります。
榊などを置く場合に利用されると納まりがいいのではないでしょうか。

おまかせ工房 大雪三社神殿 上品

下部の札入れ部分の底は「すのこ状」にしてあります。
箱宮神殿は壁掛けで利用する人もいれば、そのまま棚の上などに置いておく人もいます。
接地面に隙間をあけておくほうが何かと都合がいいのでそのような仕様に仕上げてあります。

神札を入れておく、真榊の箱を入れておくなど利用の仕方があるかと思います。

また、神具を選ぶ際には「小」サイズ、「豆」サイズを基準に選ぶと大きさ的には合うかと思いますので、箱宮の場合には一回り小さな神具で揃えておくといいでしょう。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

広告