おまかせ工房 重みを感じる一社神殿 白鳳一社【上品】

おまかせ工房 白鳳シリーズの一社 唐戸【上品】

ずんぐりした神棚 そのものだけで存在感があります

白鳳シリーズは一社と三社を作っていますが、今回は一社を紹介していきたいと思います。
一般に一社神殿は小型になる傾向がありますが、このシリーズは一社でも大型サイズのみを作っています。
形が大きい方が細部にこだわれるということもありますが、それとは別に一社のみを祭っておきたいときの存在感を引き出すために大型サイズのみの製作をしています。

中型サイズの三社並のボリュームがありますので、三社ではなく一社でドンと祭りたい人向け

なお、この白鳳一社シリーズでは金具扉と唐戸扉があります。

【神具】白鳳神殿一社(唐戸)(神棚)
—詳しい紹介—
外寸 高さ45cm 幅61cm 奥30cm
内寸(本社) 高さ37cm 幅26cm 奥7cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

神棚 白鳳一社(唐戸) 通し屋根 一社 【上品】

質感良し、材質良し、さらにデザインとして重みを感じるかもしれません。
軽い感覚ではなくて存在を増した神棚を探している人には大変良いと思います。
ただ、サイズとして幅60cmほどになりますので、狭い場所では祭っておくことは難しい。

最低でも祭り場所として75cm幅は欲しいところ。
多くの場合、幅3尺(90cm)ぐらいの場所に祭っている人達が多いようです。

神棚 白鳳一社(唐戸) 通し屋根 一社 【上品】
やや厚屋根ぎみにしてあります。
実際は画像のような見方をしないで、やや下から見上げていくような位置にくるので、厚屋根の神殿はとても魅力があるわけです。
しかし、厚屋根で作る神棚は総じて高級神具の部類になってしまいます。
そのため小型神殿として作ることはありません。

miya183
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

この神棚に合う神具の大きさとして、セトモノセットであれば「小」または「中」。
神鏡などはどこへ置くかで大きさを判断されるといいでしょう。

この白鳳シリーズも随分昔から作っていますので、10年、15年ほど経ってから取り替えてくれるお客様が多いです。
そのため一貫した品質は保っています。

時として在庫が切れてしまうことがありますが、ある程度まとめて作るものなので、その時には次回完成まで待っていただければ、しっかりしたものを届けられると思います。

広告