おまかせ工房 子供の集団ゴロ寝に最適 長敷き い草上敷き

保育園、幼稚園で大人気 一斉に昼寝をさせるとき使う長敷き

い草上敷きござの細長いもの

「お昼寝」は現役世代には無縁の時間かもしれませんが、保育園や幼稚園では当たり前の時間です。
おまかせ工房でも多くの保育園などで使っていただいている「長敷き」のご紹介です。
園児を一斉に寝かしつけるときに使う細長い敷物。

サッと取り出し、スッと敷いて、そのままゴロ寝。
い草の香りと質感でとても安眠できているという評判、元々、い草には安眠効果がありますね。
お昼寝が終われば畳んで置いておくだけ。

長敷きというのは、長い一本のゴザをいいます
長さ8メートル、10メートルなどの長さで作る一枚の上敷きござです。
家庭ではまず使うことがない形になりますので、サイズオーダーで作ることになります。

長敷きは幅95cmで作ることが多いです。
この幅が最大になるので、これ以上幅広のものは天然い草では作ることができません。
ですので、園児が横になるぐらいということです。
仮に、幅95cm、長さ10メートルの長敷きを製作する場合には、「本間 五畳半」の料金になります。
単純に一畳あたりの単価で計算していくだけなので、とてもわかりやすいと思います。

もう少し幅を狭めて、幅88cm以下で作る場合には五八間というサイズで計算をします。
これも同様に10メートルであれば「五八間 六畳」の料金です。

ただ、このような特殊な形の上敷きは特定の職種でしか使いませんので、ホームページでは個別に紹介をしていません。
問い合わせてきていただくことがほとんどですが、その時の見積計算はサイズオーダーのページの料金と同じですので、至って明瞭です。

10メートルであれば十数人は横になって寝られると思います。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

長敷き 細長い上敷き寝ござと言うと、普通は一畳サイズのものを指します。
しかし、一枚一枚を並べると各人の空間に余裕ができて良い反面、場所をとってしまう。
この余分な部分が限られた空間で、集団で寝るときにとても困る部分。

そこで、一直線に川の字のように寝ることができるのであれば、室内ではとても有利ですね。

大人の場合では幅95cmでは狭すぎるので、191cmほどの幅にすることがありますが、その場合には二枚合わせで作ることになる。
しかし、園児のような小さな体の場合には幅95cmもあれば十分。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

畳のような部屋で寝る機会も今時の子供は随分少なくなったようです。
昼寝のためにその都度、畳を敷き詰めるわけにもいきませんので、上敷きござを使ってイグサの空間を作り出す。

い草には元来、癒やしの効果がありますので、子どもたちにも経験させてみてはいかがでしょうか。

広告