おまかせ工房 神鏡と金幣芯の位置

上品神具で説明する金幣芯と神鏡の位置関係

神鏡と金幣芯を神棚に同時に置くとき

初めて神棚を祭ってみる人でも神棚セットというものから入ることが多いので、神具の中で神鏡はよく見かけると思います。
ほとんどの神棚セットには神鏡を含んでいるからです。
金幣芯になると祀っている人の数は急に減りますが、あれこれ知ってくると金幣芯も祀ってみたくなる。

今回はその金幣芯と神鏡を同時に置いた時の配置例です。
この置き方は体表的な位置関係ですので、このように祭っている人達は多いと思いますが、これ以外にもたくさんの配置方法がありますので、もし、風習や習慣などがあるようでしたらそれを優先してください。

おまかせ工房の商品の中に神棚セットというものがあり、その中のひとつの神棚から「招福屋根違い三社 小」を使い、神具は日本製上品神具の竜彫神鏡1.5寸、そして金幣芯12cm、17cmを使い、代表的な置き方を紹介してみます。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 金幣芯と神鏡

上記の画像では金幣芯17cmほどのものを使っていますが、金幣芯を最前列に配置することがあり、通常、神鏡の後ろに金幣芯を持ってきますが、神棚の手前に置くときにはやや大きめのものを使うことが多々あります。
さらに、その金幣芯を何台か横並べして祭るところもありますので、これは参考例です。
また、金幣芯の代わりに御幣を使うこともあります。
金幣芯はけっして安い神具ではありませんので、予算とご相談ということになります。
それと金幣芯は素手で金幣部分を触らないでください、手脂が付いたら必ず拭いてください。

おまかせ工房 金幣芯と神鏡

上記の例についてですが、モデルとして金幣芯17cm、竜彫神鏡1.5cmを使っています。
この例の中で使用している神棚のサイズは高さ38cm 幅51cm 奥20cm程度の小型の屋根違い三社です。
屋根違い三社という屋根を活かして、少し大きめの金幣芯を配置してみました。
ちょうど中央部分に空きができるので、小型の神棚であっても17cm程度の金幣芯は置けます。
置けるからと言って扉より大きな金幣芯は普通置きません。
バランスが悪くなってしまうので、神棚の扉より大きな金幣芯は扉前には置かない方がいいでしょう。

おまかせ工房 金幣芯と神鏡

上記の画像の場合、モデルとして金幣芯12cmほどの比較的小さな金幣芯を使っています。
神鏡の真後に金幣芯を配置すると金幣芯が見えなくなってしまうようになりますが、それはそれで構わないことです。
ただ、神鏡より小さな金幣芯は真後には置きません。
もし金幣芯をもっと見せたい時にはもう少し大きなものを使ってください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

金幣芯と神鏡を一緒に祀っておくことは神道ではとても馴染み深い祭り方ですが、神棚の場合でも行いますので機会があったら祭ってみてはいかがでしょうか。

広告