おまかせ工房 豆八足台を二台使った神具の祭り方

神棚の前に神具を祭る参考例

全て上品神具を使用しています。

神前に神具を祭る方法というのは個人差があります。
神棚の手前にはスペースがないことが多いので、ここまで揃えて祭ってみる機会もそうそうできないように思いますが、豆八足台を使うことにより見栄え良く祭ることができますので、今回は一例を紹介していきたいと思います。

豆八足台には幅6寸~幅1尺5寸までありますが、今回は一番大きな幅1尺5寸(約45cm)を上下二段にて祭ったとき、このようなことができます。
一枚の板の上に神具を置いても構いませんが、段差を付けることができますので、通常の豆八足台と短足型の豆八足台を用意するところから始まります。

神鏡と金幣芯の位置関係はこのように前後に置きます。
左右には真榊を置く。
最前列にはお米、お塩、お水。

榊立ては台の上に置きません。
これが神道で使う大きな八足台(八脚案)の場合であれば榊立ても乗せますが、豆八足台の場合には置かないほうがバランスとしても良いと思います。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)
 神具の祭り方

このセットは神具一式セットとしては販売していません。
今回使った上品神具は下記の通りです。
金幣芯 大 高さ約17.5cm」「真榊 小豆 木製台軸仕様」「上彫神鏡1.5寸」「セトモノセットB中」「豆八足台1尺5寸」「短足型豆八足台1尺5寸

神具の祭り方
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

画像では真正面、そしてやや上から撮影していますが、実際に神棚の手前に祭る場合にはやや下から見ることになる場合が多いはずです。
そのとき豆八足台の一段上がった部分がとても響いてきます。
奥に行くほど一段上がる・・・このバランスが活きてきますね。

広告