おまかせ工房 棚板セットを掛けずに置くだけで使う

神棚置きとして棚板セットを使うこともあります

書棚の上、台の上などで注連縄・神前幕などを使うなら幕板付き

神棚の棚板と聞けば、ほとんどの人達が壁に取り付けることを想像すると思いますが、棚板セットを置台として利用することもありますので、今回はその辺について書いてみたいと思います。
そのとき多く使われるスタイルとして「幕板付き」という型があります。
この幕板は主に、神前幕、注連縄、御簾などを掛けるときには必需品のパーツ
これらのものを天井から直に下げることはあまり見かけません、また、見栄えの観点からも幕板があった方がいいと思います。

そこで壁に掛けずに棚板を設置する場合、単に組み立てておくだけで棚板設置台になります。
その場合には棚板と軸を釘で留めて固定してください。
そうすることにより一つの空間を作り出すことができます。

壁に掛けられない場所ということもあります。
注連縄をしたい、神前幕を掛けたい、御簾を下げておきたい、このようなときには普通は壁に棚板を取り付けますね、しかし、それができない。
書類棚の上などに神棚を置いておくこともあるので、棚板セットの幕板付きはとても便利な神棚設置台となります。

つまり、床の間、サイドボードの上、机の上など従来では注連縄、神前幕などが掛けることのできなった場所でも、棚板セットの幕板付きを使えばそれが可能になるということです。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 棚板

下の画像は幕板付きではありませんが、つまり、このようにして台の上に置く方法もあるという紹介です。
軸と棚板は固定する必要があります。

近年、床の間周辺に神棚を設置する人達が増えてきていますが、注連縄と神前幕がどうしても掛けることができない、使いたいんだ、という声がありますので、幕板付きの棚板セットはよく使われています。

おまかせ工房 棚板
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房では棚板セットの種類として9種類を用意しています。
幕板のあるなし、膳引き(引き出し)のあるなし、などの組み合わせがありますので、商品ページで確認してください。

広告