おまかせ工房 尾州ヒノキ 中神明一社神殿【上品】

階段、高欄などが付いた神殿様式として最小の中神明一社 上品

扉にすだれを付けられます(扉御簾は中サイズが適合)

神棚を選ぶときに神殿様式については余り考えないことが多いと思いますが、高欄や階段があるかないかという話です。
裾の部分だけではなく屋根の部分においても千木があるなし、勝男木があるなし、など小型の神棚の場合には付属するものが違ってきます。
小型ゆえに付けられないということが生じますが、神殿様式として一通りの部品を付けた神棚の中で、最も小さいものが今回紹介する中神明神殿になります。

中神明、大神明、大々神明と一社で大きさのことなる神棚を作っていますが、全て上品シリーズのみなので、これらが三社になったものとして、祥雲通し屋根三社シリーズ弥栄屋根違い三社シリーズに発展してわけです。
ですので作り方、素材、素材の取り方などは一社も三社も同じ。

祭り方のひとつに分社ということをする場合がありますので、すでに三社を持っているとき、その中の神札とは少し系統の違う神札を祭りたいときに一社を用いて祭ることがあります。
その場合、三社の横に置くことが多いので、同じ作り方をしていないと違和感が生じてしまう。
神棚は似たような形、同じ名称でも作っている事業所によって、全く別物になりますので、横並べをしたとき、近くに祭っておきたいときなどは、できることなら同じシリーズでまとめたほうがいいと思います。

【神具】中神明神殿(神棚)
—詳しい紹介—
外寸高さ40cm 幅36cm 奥20cm
内寸(本社)高さ26cm 幅12cm 奥6cm

備考

内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜
おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)
 おまかせ工房 中神明一社 上品
おまかせ工房の神棚の中ではロングセラーの神棚になります。
何十年も前からありますので、二回、三回と神棚を取り替えてくれるお客様も多い。
そのため当初の頃から作り方などは変えないスタイルのまま継続しています。

神棚も汚れてきたり、黄ばんできたり、やけてきたりしますので、気分的要素も多いかと思いますが定期的に交換される人達が目立ちます。
定期的と一言でいってもその間隔は何年後、10年後、15年後という期間ですので長いわけです。

それと神棚も縁起物という考え方がある場合には、家庭に嫌なこと、不幸なことが起きた時など交換される人もいます。

おまかせ工房 中神明一社 上品

画像からもわかると思いますが、上品シリーズはとても綺麗な神棚になります。
複数台並べる場合のことも考えていますので、揃うように作る。
同じサイズでもっと安いものもあるようですが、そこがやはり物作りとしてこだわりたい部分です。

おまかせ工房 中神明一社 上品
扉にすだれを付けたい人もいます。
そのときのために専用の扉御簾も用意しています、サイズとして「中」サイズを選んでいただければ専用品になります。

神棚と扉御簾を同時に選んだときにはこちらで取り付けておきますが、このために使うのか、別の用途で使われるのかがわかりませんので、その際には「扉御簾取り付け希望」などと書いておいてください。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)


広告