おまかせ工房 定番の三社 弥栄屋根違い三社 中型 【上品】

素材良し造り良し 最も使われている神棚

直球 ど真ん中の屋根違い三社シリーズ

おまかせ工房の神棚の中では最も初期の頃からある弥栄シリーズのご紹介です。
弥栄は屋根違い祥雲は通し屋根・・・これが基本形の神棚です。
神棚も時代に合わせて少し変化をしていきます、デザインもそうですが寸法ですね、比較的小さく、低くなっていく傾向があるわけです、住宅事情が加味されていく。

ただ、変化をしても専門店の場合には素材を変えたりはしません。
この神棚は大量販売を目論む神棚ではありませんので、粗製濫造とは無縁の神棚です。

小型神殿でも上品であれば、横並べしたときには違和感ないように同じように作り、また、いずれは取り替えていくことにもなるかと思いますが、その時でも同じ造りを継承していく。
それがあるから息の長い商品になります。

数だけで言うならば、当店の神棚の中で最も使われている神棚になるかと思います。

【神具】弥栄屋根違い神殿三社(中型)(神棚)上品
—詳しい紹介—
外寸 高さ48cm 幅64cm 奥27cm
内寸(本社) 高さ33cm 幅15cm 奥7cm
末社 高さ26cm 幅11cm 奥6cm

備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。同じく末社とは三社以上の時の左右の扉内の空間を指します。
本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 弥栄屋根違い三社 中サイズ
縦横の比率を神殿様式に合わせてありますが、近年ではやや高さ低めの神棚にしないと入らないことがあるようですので、弥栄シリーズでも三社神殿の底床型を作るようになりました。
また、五社、七社などの神殿については末社を増やして作っていくことになりますので、素材などの違いは全くありません。

おまかせ工房 弥栄屋根違い三社 中サイズ
これは中型サイズですが、一般に小型サイズの神棚にする場合には階段の段数を減らします。
言うまでもないと思いますが、中サイズのデザインまま小型にすると細部の比率が悪くなるために、三段にすることが多いです。

おまかせ工房 弥栄屋根違い三社 中サイズ
神具など棚板で祭る場合であれば「中」を選ばれるといいでしょう。
この神棚には専用のケースというものも用意しています、「屋根違い三社中用ケース」というものですが、棚板形式ではなく箱宮形式にして壁掛けや置きスタイルで祭ることが可能となっています。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

イメージとしてはこのように箱型ケースに入れるわけです。
大きくなってしまうので寸法などの確認は必要かと思います。
このような箱宮形式の場合には神具を一回り小さくして利用すると上手に祭れるますので、この場合には「中」ではなく「小」を基準に選ばれるといいでしょう。

弥栄屋根違い三社を中用ケースに入れた時

広告