おまかせ工房 組立式だからできる長尺の八足台・八脚案

高さを150cmにして神棚を置く 組立式八足台・八脚案

固定式の場合は高さ3尺(約90cm)が限界です。

人生のうちの一度は自分の八足台を持ってみたいという人も少なからずいます。
こういうものはそうそう頻繁に取り替えるものでもないし、人から貰うこともほとんどないわけです。
八足台には組立式と固定式がある
今回は主に組立式について書いてみたいと思います。

おまかせ工房では高さ五尺(約150cm)の八足台をよく作りますが、主に神棚などを祭るために使う。
このぐらいの高さでは玉串を置いたりするには少々背丈がありすぎるので、目的用途ははっきりとしてきます。

一段式、二段式、三段式があり、今回の画像は二段式。
二段式なので上段、下段と言葉を使い分けていくと、上段は棚板が五尺になる位置になるように作ります、下段には決まりはありませんので利用する人に指定してもらう必要がある。
3寸(約9cm)から1尺(約30cm)ぐらいの段差をつけることになるかと思います。

組立式は横からの力に対して非常に強いので、このような長尺スタイルの八脚にできる利点があり、また、再組み立て、移動のときには脚と天板に力が加わりずらいので保管管理がとても楽になります。
画像は片側のみですが、これが二つ、そして天板が二枚あり、横棒が二本支えとなり二段組八足台となります。
初見の人もいるかと思いますがイメージは湧きましたでしょうか。

固定式というのは脚と天板をはめ込むようにセッティングするスタイルです。
この場合、動かしたりすると脚の接合部に負担がかかりますので、普通は脚を天板にはめ込んだら二度と外さない、そして移動することもほとんどないような場所で使うことが多い。
固定式では長尺物は作れません、おおむね高さ寸法の限度としては3尺(約90cm)ぐらいまでであれば固定式八足台でもいいのではないでしょうか。

八足台は上に乗ってもどってこないぐらい丈夫なものですが、横方向からの力に対してはもの凄く弱い構造物ですので、神社など大人しい場所であれば問題ありませんが、個人宅のような場合には組立式で作った方が何かと便利だと経験的にも思います。

組立式八足台は外祭のときでもよく使われていて、移動祭事では固定式で多かった脚の抜き差しによるグラつきもありませんので、個人、法人共によく作らせてもらっています。

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)
 おまかせ工房 組立式八足台

おまかせ工房の商品はこちらで購入できます(SHOP)

おまかせ工房 組立式八脚案

組立式の場合、一段式では脚は片側4本、二段式では画像のように4本、三段式では6本となります。

おまかせ工房 三段式組立八足台

例えば、三段式にする場合に固定式を三台置くこともありますが、その場合には片側に3台x4=12本の脚が並ぶことになり、広い神殿であればさほど気になりませんが、戸建てなどで置く場合には脚が多すぎて見栄えの点で気になることもあります。
やはり、組立式八足台にしておくほうがいいかもしれません。

八足台の高さ寸法に決まりはありません
高さ五尺までであれば価格内で作っていますが、もし、それより高くなる寸法の場合には別途見積が必要になります。
そして各段の高さにも決まりがありませんので、使う人が決めていただくことになります。
三段式であれば、上段は何センチ、中段は何センチ、下段は何センチのそれぞれの高さで・・・・という具合です。

作り上げるのに時間がかかりますので、二週間から半月ぐらいはかかります。

時にはこのように幅が狭く、100cmを超える高さのある組立式八足台など作ります。
おまかせ工房 組立式八足台このような形状になったら固定式で作るのは無理であり、組立式だからできる形状になります。

広告